モントレー


以下のワイナリーはモントレー産のワインを生産しています。


ハーン・ファミリー・ワインズ

1970 年代半ばにモントレーで牧場を購入しそこを開墾してブドウ畑にしたのがニッキー ・ ハーンのワイン造りの始まりでした。牧場の所有者のスミス&フック氏の名を付けてリリースしたワインが高い評価を得て、その後彼のファミリー名を託して設立したワイナリーがこのハーンです。モントレー湾から注ぐ冷涼な風の影響を受けるサンタ・ルシア・ハイランズは、近年大規模なワイナリーがこぞって畑を購入し注目を浴びているエリアです。

「Hahn」はドイツ語で「雄鶏」を意味します。また、1994 年から始まったセントラル・コーストブドウ栽培農家団体が始めた環境保全実践プログラム SIP を実践し、ハーン・ワイナリーはモントレーで最初に認証を受けたワイナリーの一つでもあります。

ハーン・ワイナリー

1970 年代にニッキーとガビー・ハーン夫妻が設立したワイナリーです。1988年、この地域のポテンシャルを確信したニッキーは、サンタ・ルシア・ハイランズ(SLH)を AVA に認定してもらう活動を始め、遂に 1995 年に AVA に認定されました。 現在、ピノ・ノワールを筆頭に高級ワインの名醸地として広く知られています。今日、ハーン・ファミリーは SLH では 260ha 以上の畑を所有しています。この内 140ha はピノ・ノワールが植えられ、SLH 全体のピノ・ノワールの畑の 12%を占め、一番のシェアーを持つワイナリーです。また、この地域では一番豊富なクローンの種類を持ち、現在 21 の異なるピノ・ノワールを栽培しています。 多様性のある土壌、気候、斜面の向きに ...

詳細を読む »

ミウラ

世界で 150 人程しかいないマスターソムリエの称号を持ち、サンフランシスコのリッツ・カールトンで名物ソムリエであったエマニュエル・ケミジと、カリフォルニア ピノ・ノワールの名手セインツ・ベリーのワイン・メーカーとして名声を得たバイロン・コスギがタッグを組んで始めたワインです。

カリフォルニアの特級畑とも言える名醸畑のブドウから単一畑のピノを造っています。「ミウラ」はエマニュエルが子供の頃に住んでいたスペインの、闘牛調教師の名前から来ています。ボトルには雄々しい闘牛が描かれています。

トマス・フォガティ

世界的に有名な心臓外科医 Dr. フォガティが設立したワイナリーです。近年注目を浴びるサンフランシスコ湾南のサンタ・クルーズ・マウンテンに位置し、この地域に 40 戸程しかない家族経営ブティック・ワイナリーの一つです。

標高が高く、しかも冷涼な海の影響を受ける特異な環境の中で栽培されるブドウは近年高く評価され、手工芸的なワインを造り続けています。