ナパ・ヴァレー


このワイナリーはナパ・ヴァレーを生産しています。


アルノー・ロバーツ

ニューヨークとサンフランシスコのソムリエの間でカルト的な超人気生産者です。ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノーと、樽職人のネイサン・ロバーツ 2 人の幼馴染みによるコラボワイナリーです。現在、最も影響力があると言われるカリフォルニアのワイン本『The New California Wine』には、一章全てがアルノー・ロバーツについて書かれてます。更に2012 年には米国の全国紙『San Francisco Chronicle』にてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、今、最も注目を浴びている若手コンビです。 ネイサンの祖母は、あのロバート・モンダヴィ氏の愛妻、マーグリット・モンダヴィです。そしてアルノー・ロバーツのワインに採用されているラベル ...

詳細を読む »

ベラ・ユニオン

ベラ・ユニオンはファー・ニエンテとニッケル&ニッケルのパートナー達によって 2012 年に設立されたワイナリーです。ナパ・ヴァレーで栽培したカベルネ・ソーヴィニョンをブレンドし、一つのワインを造り上げる事を専門とします。ラザフォードのベラ・オークス・レーンにおよそ 10 ヘクタール程のカベルネ・ソーヴィニョンの畑があり、そこにワイナリーがあります。

ベラ・ユニオンという名前は、このベラ・オークス・レーンが 1880 年代にベラ・ユニオン・ロードウェイとして知られていて、マヤカマス山脈の山奥にあった鉱業会社「ベラ・ユニオン・マイニング・カンパニー」とラザフォードを結ぶ道として栄えた事に由来します。

ビッグ・ランチ・ヴィンヤーズ

Big Ranch Vineyards はナパ・ヴァレーでブドウ農家として 40 年以上の歴史を誇り、家族経営でナパ最大のブドウ畑の地主として知られる Laird Family(レアード・ファミリー)のバリューレンジのブランドです。 この40年の歴史の中で最初の30年間は Merryvale、Cakebread、Duckhorn等の契約農家として専念してきましたが直近の10年間は自身のワイナリーを設立し、独自のプレミアムブランド「レアード・ファミリー」を立ち上げました。 このビッグ・ランチのワインを造るのは Judy Matulich-Weitzです。彼女はUC Davis校で正式に醸造学を学び、卒業後は Chateau St. Jean、Mirrasou で経験を積み ...

詳細を読む »

クロ・ペガス・ワイナリー

1955 年、カリフォルニア大学の学生であったイアン・シュラムは休暇で日本を訪問し、ミツコという女性と恋に落ちました。日本で翻訳の出版会社を立ち上げ大成功を収めたイアンは、ミツコさんと結婚しその出版社を売却。駆け落ち同然でヨーロッパに渡り彼女の大好きなワイン造りを学びました。 その後、ワイナリーを設立する為に世界中を旅し、見つけた土地がカリフォルニアのナパ・ヴァレー。そして 1984 年、念願のワイナリーを設立しました。 樽の強いフレーヴァーや高いアルコール、凝縮しすぎたフレーヴァーを避け、フードフレンドリーで十分な果実味がありながらもエレガントな「クロペガス・スタイル」 のワイン造りを実践しています。 妻の名前を付けた「Mitsukoʼs Vineyard」は冷 ...

詳細を読む »

コンティニュアム

コンティニュアム・エステートはロバート・モンダヴィ・ワイナリーで 20 年間、醸造責任者を勤めたティム・モンダヴィ、姉のマルシア、その父である故ロバート・モンダヴィによって 2005 年に設立されました。ナパ・ヴァレーの東、曲 がりくねった山道の奥に広がる山、プリッチャード・ヒルの自社畑から造られるたった 1 つの赤ワインは、100 年間に渡るモンダヴィ家の歴史に深い敬意を注ぎ生まれた、情熱のワインです。 ラベルには、ティム・モンダヴィの次女、キアラ・モンダヴィ作のカベルネ・フランの樹が描かれた影絵が採用されています。コンティニュアムはラテン語で 「継続、継承」 を意味する「continuus」に由来します。 ワイナリーはナパ ・ ヴァレー東側にあるヘネシー湖の上のプリ ...

詳細を読む »

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ(DFV)は、現在のカリフォルニアワイン産業の発展に初期から貢献したファミリーで、大企業のワイナリーが台頭するなか、現在でも家族経営を貫いているワイナリーです。シチリア島から移住してきたガスパーレ・インデリカートがブドウ栽培農家からスタートし、大手ワイナリーにブドウやワインを供給する事で成長し、3 代目がビジネスに参加し始めた 2000 年より自社ブランドのワイン開発にも力を注ぎ、2014 年にはワイナリー・オブ・ザ・イヤーに輝くなどアメリカのリーディングワイナリーとして高く評価されています。

ドルチェ

Far Niente(ファー・ニエンテ)の姉妹ワイナリーである Dolce(ドルチェ) は遅摘みワイン、しかも単一のワインのみを生産する北アメリカで唯一のワ イナリーです。「Dolce」はイタリア語のフレーズ「Dolce Far Niente」-「Sweet to do nothing(何もしない心地よさ)」に由来します。

このようなワイナリー は世界でも珍しく、ボルドーのソーテルヌの生産者と共通の哲学を持ってい ます。自然の貴腐菌だけに頼るワイン造りのため生産量にはかなりのばらつ きがありますが 1989 年以降は毎年生産し、「ナパ・ヴァレーの金のしずく」 と呼ばれています。

アイズリー・ヴィンヤード

アイズリー ・ ヴィンヤードはカリストガの東でナパ ・ ヴァレーの北端に近い扇状地に位置し、1971 年以来、最も長熟が可能で凝縮したフレーヴァーを持つカベルネ ・ ソーヴィニョンが栽培されてきました。北にあるパリゼーズ山脈に守られ、チョーク ・ ヒル ・ ギャップを通って来る西からの冷気によって冷却され約 15.2ha の畑は、水捌けの良い丸石の多い土壌で、収量の少ない凝縮感溢れるブドウが育ちます。 この素晴らしい畑から造られるワインは特異なコンビネーションを持ちます。ストレートな個性且つ緻密で明確なフレーバーを持ちつつ、滑らかな舌触りで重たさを感じさせない凝縮感があり、また熟成による複雑味が生まれる要素も持ち併せています。 アイズリー ・ ヴィンヤードに最初にブドウ ...

詳細を読む »

ファー・ニエンテ

ファー・ニエンテはジョン・ベンソンによって 1885 年に設立されました。彼は、1849 年のゴールドラッシュでカリフォルニアに到来した、「フォーティ・ナイナー」世代の一人であり、画家のウィンスロー・ホーマーの叔父にあたり ます。ベンソンは、クリスチャン・ブラザーズ・ワイナリー(現 CIA)やグスタフ・ニーバム・ワイナリー(現イングルヌック)を手がけた建築家、ハムデン・マッキンタイヤーを採用し、ワイナリーをデザインさせました。ワイナリーは1919 年まで繁栄を続けましたが禁酒法により運営停止、その後 60 年間、ほとんど手付かずのまま放置されました。1979 年、ギル・ニッケルがワイナリーと隣接する畑を購入し、3 年間におよぶ修復工事が行われました。ワイナリーの建物は美しく生まれ変 ...

詳細を読む »

ファースト・プレス

昔のワイン造りでは、木製のプレス機を手動で動かして圧搾作業を行っていました。サンフランシスコから北上するとナパの入り口の丘の上に全身でプレス機を操作する農夫の銅像を見ることができます。このファースト・プレスはそのナパ・ヴァレーのブドウで造られた高品質なプレミアムワインです。昔ながらに人の手をかけて丁寧に造られているにも関わらず、リーズナブルな価格が魅力なコストパフォーマンスの高いワインです。

2014 年にワイナリー・オブ・ザ・イヤーに輝いたデリカート・ファミリー・ヴィンヤーズの傘下ブランドです。

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー

映画監督のフランシス ・ フォード ・ コッポラは 1975 年にナパ ・ ヴァレーの歴史あるニーバム ・ エステートの一部を購入して以来、カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。ワイン造りは数世代続くコッポラ家の生活の一部で、フランシスの祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていました。 現在フランシスが造っているワインはその頃のワインとは異なりますが、スピリットは同じです。2006 年、彼はソノマ・ カウンティに新しいワイナリーを購入しました。5 年の年月をかけてリノベーションを終了し、2010 年 10 月、新生「フランシス ・ フォード ・ コッポラ ・ ワイナリー ...

詳細を読む »

ジラード・ワイナリー

ジラード・ワイナリーがナパ・ヴァレーの素晴らしい品質を反映するワイン造りを始めたのは、その畑に最初にブドウが植えられて 30 年経った時でした。ナパ・ヴァレーはその品質によって世界で最も有名なニュー・ワールドのワイン産地になりました。ジラードがその地に自分の根を下ろした復興の頃と時を同じくしてナパ・ヴァレーの名声は上がっていきました。 ナパ・ヴァレーのベンチマーク年となった 1976 年はフランス人審査員によって自国のワインとナパの新興ワインとのブラインド・テイスティングが行われた年です。そこで皆が驚いたのは、白・赤両方のカテゴリーでカリフォルニアワインが一番に選ばれた事でした。フランスの猛反発をよそにこの有名なパリ・テイスティングはカリフォルニア・ワインがオールド・ワールド ...

詳細を読む »

ガーギッチ・ヒルズ・エステート

1976 年、かの有名なパリのティスティングの結果を受けて、ミリェンコ " マイク "・ガーギッチの名が世に知れ渡ります。フランスのトップクラスのワインとカリフォルニアワインのブラインドテイスティングが行われ、白ワインのトップに選ばれたのがカリフォルニア産の「1973年モンテレーナ・シャルドネ」でした。カリフォルニアワインが世界に認められるきっかけとなったこのワインを造ったその男こそが、マイク・ガーギッチでした。 その翌年、マイクはあの「ヒルズ・ブラザーズ・コーヒー」のオースティン・ヒルズとパートナーを組み、ナパ・ヴァレーにガーギッチ・ヒルズ・セラーを設立します。1977 年の独立記念日のことでした。もともとヒルズ氏は経営のスペシャリストであり、ナパ・ヴァ ...

詳細を読む »

イングルヌック

イングルヌック・ヴィンヤードはグスタフ・ニーバムによって 1879 年に設立されました。フィンランド人であるグスタフは巨大な富を活用し、ナパにヨーロッパのブドウの苗を持ち込みました。その後、伝説のジョン・ダニエルの指揮の下、数十年かけて最も高い評価を得る事になるワインを造り上げました。しかし、フランシス・コッポラとエレノア夫人が 1975 年に敷地の一部を購入する頃は、イングルヌックの名前も売却され、ワイナリーとしても崩壊していました。コッポラ夫妻は 20 年をかけて売却されてしまった畑を徐々に買い戻し、醸造設備にも投資をし、歴史あるイングルヌックのシャトーを改築しました。イングルヌックは現在、昔と同じワイナリーに再現され、再びアメリカの偉大なワイナリーへと復活しました。 そ ...

詳細を読む »

ジェイ・デイヴィーズ・エステート

1965 年にデイヴィーズ夫妻が購入したシュラムスバーグは、ナパ・ヴァレーのダイヤモンド・マウンテンの山中にあります。ワイナリー周辺のナパで初めて斜面に作られた畑も同時に購入しましたが、この地域を長年勉強した結果、1994 年にその土地により相応しいカベルネ・ソーヴィニョンに植え替えました。

2 代目ヒュー・デイヴィーズにより、ジャックに敬意を表したワインがこの J. Davies です。マウンテン・カベルネからの凝縮感ある偉大なワインがまた一つ生まれました。

カンパイ・ワインズ

Kanpai Wines コンピュータ及びインターネット用セキュリティ関連サービスで知られるトレンドマイクロ社のCEOとして成功したエヴァ・チェン(Eva Chen)女史は、ホスピタリティや接客業に興味を持っていました。とある日、従兄弟の結婚式に参加するためにエヴァは息子のピーター と彼のフィアンセのアズミとナパ・ヴァレーのカリストガを訪れます。そして彼らは、たまたま訪れたメドーブルック・ファーム(Meadowbrook Farm)に一目惚れします。その直後にエヴァの夫であり、金融業界で成功したダニエル・チァング(Daniel Chiang)氏も別の機会にメドーブルック・ファームを訪れ、同じ様に一目惚れし、ここからカンパイ・ワインズの歴史が始まります。 当初はこの素晴ら ...

詳細を読む »

マサイアソン・ファミリー・ヴィンヤード

オーナー醸造家のスティーヴ・マサイアソンはナパ・ヴァレー屈指のヴィンヤード・コンサルタントです。彼のクライアントにはアイズリー、シャペレ、スポッツウッド等があり、バランスの取れたブドウ造りに定評があります。 マサイアソンは完全家族経営の小さなワイナリーです。スティーヴが造る白ワインはイタリア・フリウリ地方のワインがモデルで、赤ワインはボルドー・スタイルが中心です。畑(現場)出身の現場主義であり、畑の作業は可能な限り全て自分で行います。そして、スティーヴはワインの味わいを決定する重要な要素である収穫時期を通常より 3 ~ 4 週間早めることを好み、カリフォルニアワイン業界全体を驚かせています。2014 年には、アメリカの有力紙サンフランシスコ・クロニクルの「Winemaker ...

詳細を読む »

エム・エル・ビー エンゼルス

MLB公認商品として、MLBのチームと直接共同で造り上げたワインです。

それぞれのボトルにはMLB公認ワインとしてホログラムが貼付されています。

ニッケル&ニッケル

ニッケル&ニッケルは「1つのブドウ品種、1 つの畑」をモチーフにしたワイナリーで、ナパ・ヴァレーで不動の人気を誇るファー・ニエンテ・ワイナリーの姉妹ワイナリーです。

ニッケル&ニッケルのワインの最大の特徴は、単一畑からの単一ブドウ品種のみで造られることです。どの単一畑からワインを造るか、それが最も重要な決断となります。どんなに素晴らしい単一畑でも、彼らの基準に少しでも満たない部分があれば、そこからはワインを造りません。品種と土壌が持っている個性が伝わるブドウのみを使用してワインは丁寧に醸造・熟成されます。

ラッド

ラッドは、ナパ・ヴァレー中心のオークヴィルにワイナリーを構えています。ラッドのオーナー、レスリー・ラッドは 2014 年まで高級デリ、ディーン&デルーカのオーナーだったことで知られます。アローホやコルギン、ハーラン等のブドウ栽培にも携わる天才栽培家デイヴィッド・エイブリューがコンサルティングをし、オーパス・ワンでの醸造経験を持つフレデリック・アモンズがワインを造ります。

シュラムスバーグ・ヴィンヤーズ

シュラムスバーグは今から約 150 年前にナパ ・ ヴァレーの山腹にヤコブ ・ シュラム氏によって設立されました。1965 年より所有者となったデイヴィーズ夫 妻によりシャンパーニュ方式で造るスパークリング ・ ワインの造り手として地位を確立してきました。シャルドネから造られるブラン ・ ド ・ ブランから 始まり、その後、歴代のアメリカ大統領の公式晩餐会で幾度となく使用され、アメリカを代表する高品質スパークリングワインを造り続けています。 1965 に現在の社長ヒュー・デイヴィーズの両親にあたる、ジャックとジェイミー・デイヴィーズ夫妻が購入します。何年もの間、廃墟となっていたシュ ラムスバーグでジャックとジェイミー・デイヴィーズ夫妻は、この土地で、アメリカが世界に誇れるスパ ...

詳細を読む »

スクリーミング・イーグル

不動産業で成功したジーン・フィリップ女史がひょんなことからナパ・ヴァ レーのオークヴィルに土地を購入したのが 1986 年のこと。その後数年間は、 この 57 エーカー(23ha)の小さな畑で実ったブドウのほとんどを近隣のい くつかのワイナリーに売却していましたが、その中のとある 1 つの小さな区 画(0.5ha) に実ったカベルネ・ソーヴィニョンの群を抜くクオリティの高さ に驚き、そのブドウだけは自分でキープしていました。 この素晴らしいブドウを自分でどうにかしたいという思いから、ブドウをロ バート・モンダヴィ・ワイナリーに持ち込み、ワイナリーで働いている従業 員達の意見を聞きまわります。結果、その小さな区画だけでも自分で醸造し てみる価値があることが判明し、当時まだ無名だ ...

詳細を読む »

シルヴァラード・ヴィンヤーズ

地中海スタイルの石で造られたこのワイナリーはウォルト・ディズニーの娘、故ダイアン・ディズニー・ミラーとその夫ロン・ミラーにより 1981 年に設立され、スタッグス・リープ・ディストリクトの中心にあるシルヴァラード・トレイル脇の小さな丘に建てられています。シルヴァラードとは現在のワイナリーの付近にあった廃鉱となった銀の鉱山の名前に由来しています。 1970 年代の半ば、ロンとダイアンは土地を購入し、ナパのスタッグス・リープ・ディストリクトへ移住することを決めました。その後、彼ら自身で育てたブドウの品質と恋に落ち、1981 年にワイナリーの建築を始めました。彼らは、ナパ・ヴァレーのシルヴァラードが生産できる最高のワインを適切な価格で市場に出すことを決めました。今日、「シルヴァラー ...

詳細を読む »

ターンブル

隣にはオーパス・ワンの畑が、向かいにはロバート・モンダヴィが望めるナパ・ヴァレーの中心オークヴィルにワイナリーを構えています。

そのプレステージのあるオークヴィルに 4 つの自社畑を所有し、これぞナパ・ヴァレーと言わんばかりのピュアで凝縮感のあるワインを造っています。

凶暴な牛に襲われそうになった王様を救った勇敢な家来を「Turnbull( 振り返る雄牛 )」と呼び、振り返る雄牛の紋章を与えたと言われています。 ターンブルでは、その勇敢さ大胆さをワインを通して表現しています。

ヴァイン・クリフ・ワイナリー

1871 年に創設されたワイナリーをスウィーニー ・ ファミリーが受け継いだ家族経営のブティック ・ ワイナリー。疫病や知られざる悲劇を通じて、ワイナリーは明らかに 20 世紀の幕開けとともに消え去り、そして十年後、再び注目に値するワイナリーとして不死鳥のごとく蘇りました。 今日、ヴァイン・クリフは、ブドウの発芽から収穫まで手間をおしまず丹念にブドウを育て、オーダーメイドの最新機器を使用し品質重視のワインを醸造し、献身的な努力が反映した高品質ワインを造り続けています。 カルトワインで有名なワイナリーに隣接し、自身のワインもナパ ・ ヴァレー ・ワイン ・ オークションでそれらのカルトワインを上回る金額で落札されるなど話題のワイナリーです。ワイン評論家等からも高く評価され、オー ...

詳細を読む »

ワイ・バイ・ヨシキ

Y by Yoshiki “When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free. Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wi ...

詳細を読む »