サンタ・バーバラ・カウンティ


以下のワイナリーはサンタ・バーバラ・カウンティ産のワインを生産しています。


ヒッチング・ポスト

レストランのオーナーシェフであるフランク・オスティーニと、彼の親友で昔アラスカで漁師をしていたグレイ・ハートレイが、二人で始めたワイナリーが「ハートレイ・オスティーニ・ヒッチング・ポスト・ワインズ」です。 1979 年に自宅で造ったワインが彼らの最初のヴィンテージでした。1981 年に最初のピノ・ノワールを造り、1984 年にはヒッチング・ポストの名前で初めてのワインを造りました。 彼らのワインの中で最高峰に位置する「Highliner( ハイライナー )」は、アラスカ・サーモン漁業組合の船団の中で優秀な漁師に与えられる栄誉の意味で、漁師としての 28 年間の功績とともにグレイ・ハートレイに送られた称号です。二人はその同じ栄誉をピノ・ノワール船団の中で最も優秀な「ヒッチ ...

詳細を読む »

ホナータ

カリフォルニア ・ カルト ・ ワインの代表格とも言われるスクリーミング ・ イーグルのオーナーがサンタ・バーバラに興味を示したのが 2000 年。アスパラガスを栽培した方がいいと言われた土地にボルドー系品種を植えました。本人曰く「これは大きなばくち」と言ったこの賭けが、ミッシェル ・ ローランやスタグリンの醸造家であったマット ・ ディーズの力により、カリフォルニアを代表するスーパープレミアムワインを生むことになりました。ロバート ・ パーカーは「彼らがあの土地でボルドー品種で成功した事は、度肝を抜かれるくらいの驚きです。」と評しています。 ホナータは 600 エーカーのゴージャスで金色に光る丘です。そのうちの 80 エーカーはユニークなマイクロクライメイトや土壌により慎重 ...

詳細を読む »

マージュラム・ワイン・カンパニー

Doug Margerum ( ダグ・マージュラム ) が食事とワインに興味を持ち始めたのは、旅行好きだった両親に連れられて回ったフランスとイタリアへの旅がきっかけでした。その後、高校・大学時代とレストランの厨房とフロアの両方で修行を積み、食とワインの文化の知識を深めました。 ダグが UCSB ( カリフォルニア大学サンタバーバラ校 ) を卒業した 1981 年、ワインショップ兼業務用醸造機具の販売をしていた「Wine Cask 」( ワイン・カスク ) を彼の家族が買収します。その後ダグはこのワインショップに隣接する形で小さなビストロを立ち上げますが、1996 年、ビストロがあまりの人気のため、サンタ・バーバラのエル・パセオにワイン・カスクを移転し、規模を拡張します。 ...

詳細を読む »

タトーマー

オーナー醸造家のグラハム・タトーマーは、わずか 16 歳の時から地元サンタ・バーバラでワイナリーの仕事に携わり、カリフォルニアで最も古いとされるサンタ・リタ・ヒルズの Lafond Vineyard のリースリングの古樹に魅了されます。カリフォルニアの冷涼な産地から造られるワインはどれも軽やかで、フレーヴァーのニュアンスが豊かで、身が引き締まるような酸が特徴的です。そのスタイルの最も代表的な品種がリースリングです。リースリングはブドウ本来が育つその土壌の個性、品種そもそもが持つ魅力、パワー、フォーカス、そして美しさがそっくりそのままワインに伝わる唯一無二の白ブドウ品種です。 2003 年、リースリングに魅せられたグラハムは、オーストリアでも指折りのドライ・リースリングの造り手 ...

詳細を読む »

ザ・ヒルト

サンタ・イネズ・ヴァレーの「JONATA(ホナータ)」の姉妹ワイナリーで、将来を期待される若き才能あふれるワインメーカー、Matt Dees(マット・ディース)が醸造を務めます。ホナータの醸造責任者として兼任するマットは「透明感」があるワインの醸造を得意とし、畑のテロワールをワインにそのまま表現させることができるスペシャリストです。彼は醸造科学を専門分野としていて、巷では土壌オタクと呼ばれています。そのオタクの彼だからこそつくれるワイン、それがザ・ヒルトのシャルドネとピノ・ノワールです。ザ・ヒルトはサンタ・バーバラ・カウンティの沿岸部、サンタ・リタ・ヒルズ AVA とサンタ・マリア・ヴァレー AVA 等の畑からシャルドネとピノ・ノワールを生産しています。畑と土壌の能書きや、醸造哲学 ...

詳細を読む »

ザ・ペアリング

この世には、着実な努力と勉強を重ねて自分の成功を勝ち取るタイプの人間と、生まれながらにして何らかの才能が与えられている 2 種類のタイプの人間がいます。マット・ディースにとって醸造家という職業は、まさに天職なのです。 マットは University of Vermont で地質学を学び、ナパ・ヴァレーのスタグリンや、ニュージーランドのクラギー・レンジで経験を積みました。マットは、土壌からブドウが実り、そのブドウで造られたワインがグラスに注がれるまでの全ての過程を本能的に理解している数少ないワインメーカーです。 好奇心とチャレンジ精神旺盛のマットが最も大切にすることは、畑と栽培に力を入れることです。高品質のワインを造るということは、土壌の状態や天候を考慮しながら、健全なブ ...

詳細を読む »