カリフォルニア


以下のワイナリーはカリフォルニア産のワインを生産しています。


アルキメデス

数学の天才として知られるアルキメデス。しかし彼は、物理学者であり、天文学者でもあり、また偉大な発明家でもあります。 紀元前 212 年、シシリア島南東部シラクサ出身のアルキメデスはローマ軍によるシラクサ包囲戦に対抗するために、鏡に反射した太陽光線を集め、洋上の敵の軍艦に照射して火事を起こしたと言われ、「アルキメデスの熱光線」と呼ばれています。ラベルにはそのイメージが描かれています。 フランシスの祖父であるアゴスティーノはアルキメデスを尊敬し憧れ、彼の最初の息子を「アルキメデス」と名付けました。   フランシスはこの偉大なアルキメデス同様、数学や機械力学が得意だった叔父アルキメデスに敬意を表し、毎年収穫される最高のカベルネのロットを使用し、数 ...

詳細を読む »

アルノー・ロバーツ

ニューヨークとサンフランシスコのソムリエの間でカルト的な人気を誇る生産者です。ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノーと、樽職人のネイサン・ロバーツ2 人の幼馴染みによるコラボワイナリーです。現在、最も影響力があると言われるカリフォルニアのワイン本『The New California Wine』には、一章全てがアルノー・ロバーツについて書かれてます。更に2012 年には米国の全国紙『San Francisco Chronicle』にてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、今、最も注目を浴びている若手コンビです。   ネイサンの祖母は、あのロバート・モンダヴィ氏の愛妻、マーグリット・モンダヴィです。そしてアルノー・ロバー ...

詳細を読む »

ベンド

人生には曲がり角や転換期があります。真っ直ぐな事こそがミステリー。 曲がった先には何が待ち受けているのか。人生はアドベンチャーに溢れています。そんな自然界の曲線がラベルにあしらわれた冒険心満載の高パフォーマンスワインです。

 

カリフォルニアは、ブドウ生育期にほぼ雨が降らない乾燥した、ブドウ栽培に最適な環境です。また、一日の寒暖の差が激しく、夏の暑い時期も自然の酸が保てるワイン用ブドウには完璧な土地です。そのブドウ栽培に最適な環境であるカリフォルニアの高品質なブドウを使用し、しっかりとした果実味に程よい樽の風味が感じられる、多くの消費者に好まれるスタイルのワインがこの「ベンド」です。

コッポラ・ロッソ&ビアンコ

ロッソ&ビアンコはフランシス・コッポラが子供の頃の食卓に乗っていたワインを再現した物で、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーのフラッグシップ・ワインでもあります。

ニューヨークに住んでいた祖父のアゴスティーノがカリフォルニアから運ばれてきたブドウからワインを造っていた頃のスピリットそのままに造りました。

毎日飲んでも飲み飽きしない、口当たり良いワインで、正真正銘、コッポラ家のハウス・ワインです。

クルーズ・ワイン・カンパニー

「Cruse Wine Co.」と「Ultramarine」は今、世界中から最も注目を浴びているカリフォルニア・ブランドです。この 2 つのブランドのオーナー兼醸造家である Michael Cruse は、UC Berkley 校で生化学を専攻し、卒業後は SutterHome や Starmont 等で科学的な観点から醸造を学びました。フォーマルな醸造の教育は一切受けていなく、手探りと現場での経験をもとにワイン科学を全て独学で学び、2013 年に Cruse Wine Co. と Ultramarine を設立しました。そして、そのわずか 3 年後に「サンフランシスコ・クロニクル」紙でWinemaker of the Year に選ばれ、カリフォルニア・ワイン業界における異端児と ...

詳細を読む »

ドメーヌ・セント・ジョージ

ドメーヌ・セント・ジョージはソノマの中心にあるヒールズバーグ近くのロシアン・リヴァ-・ヴァレーに程近い丘に建つ伝統あるワイナリーです。

カリフォルニアの自然美、そしてワイン生産の伝統を受け継ぐ商品が造られています。ワイン用の最初の葡萄は 1928 年に植えられ、ワイナリーは 1934年に設立されました。

以来、ドメーヌ・セント・ジョージは 60 年以上も素晴らしい多様性と品質を兼ね備えたバリューあるプレミアムワインの生産で現在も世に知られていま す。

ドミノ

テーブルを華やかにするスタイリッシュなラベルデザインで、カジュアルに幅広い食事に合う親しみやすいワインです。友人・家族との会話のお伴や、好きな食事と一緒に、あるいは一人でゆっくりとリラックスする場面で活躍するワインです。4 つの品種はフレッシュなピノ・グリージョからフルボディのカベルネ・ソーヴィニョン等、個性豊かなラインアップです。

2014 年にはワイナリー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、アメリカのリーディングワイナリーとして高く評価されているデリカート・ファミリー・ヴィンヤーズの傘下ブランドです。

エレノア

コッポラ監督の妻であり、ソフィアの母であり、アーティストであるエレノアへ、結婚 50 年を記念し彼女に捧げたワインです。

ソノマとナパの自社畑のブドウだけで醸造されたプレミアムワインです。

ラベルに描かれているアールデコ調の花の模様は、ユニークな布地を求め世界中を旅したエレノアが見つけたお気に入りの模様で、このラベルは全てエレノア直筆のデザイン、文字で造られています。2017 年初夏には長編映画としてはエレノア初監督作品となる「ボンジュール・アン」が公開され、彼女のワインに対する愛情やパッションも感じ取られます。

フェイラ・ワインズ

フェイラはソノマ・カウンティの沿岸部の冷涼な畑で栽培されたブドウのスペシャリストとして、引き締まったスタイルのワインを生産しています。オーナーのエーレン・ジョーダンはナパのジョーセフ・フェルプスでワインの醸造に携わった後、北ローヌの醸造コンサルタント、ジャン・リュック・コロンボに2年間師事してワイン造りを学びました。1994年の帰国後は、ターリー・セラーズのワインメーカーとして採用され、カリフォルニアにおけるジンファンデルとシラーの革命児と呼ばれました。1998年には自身のブランド「フェイラ・ジョーダン」を設立し、3年後にワイナリー名を現在の「フェイラ・ワインズ」に改名します。2008年にはアメリカの全国紙サンフランシスコ・クロニクルのワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました ...

詳細を読む »

フランシス・コッポラ ダイヤモンド・コレクション

ダイヤモンド・コレクションはカリフォルニアの沿岸部の畑、或いは内陸部の渓谷にある畑で収穫される完熟したリッチでフルーティなブドウから造られています。

的確な醸造と熟成の技術で品種の個性を十分に表現した複雑味のある高品質なワインです。

フランシス・コッポラ ディレクターズ グレート・ムービーズ

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーが 2006 年にソノマに新居を構えててから、ソノマのブドウだけで造る「ディレクターズ・カット」をリリースしました。その後、品種の個性を追及するポリシーはそのままに、よりカジュアルに楽しめる「ディレクターズ」が発売され、本国アメリカでは多くのファンを持っています。 その「ディレクターズ」からアメリカの文化ともなっている不朽の名作映画がワインとなって登場しました。その映画はコッポラ監督が尊敬してやまない 3 監督が作った作品です。ラベルデザインは映画ポスターアートの巨匠ローラン・ドゥリュー。彼の言葉を使わず映画のテーマを表現する力にもコッポラ監督が魅せられ、ワイン・映画・ポスターアートが統合した素晴らしい芸術作品が出来上がりました。 ...

詳細を読む »

フランシス・コッポラ ソフィア

ソフィアは、コッポラ監督が愛娘ソフィアに捧げたワインです。

彼女の結婚のお祝いに造ったスパークリング・ワインから始まったブランドで、すべてのワインが彼女の好み通りに造られ、アルコール度が低めで、フレッシュでフルーティなスタイルです。

また味わいだけでなく、ピンクのセロファンを纏ったボトル、ストロー付の缶、曲線が美しいボトルフォーム等、世界中の女性のライフスタイルやスピリットに捧げられた画期的でスタイリッシュなワインです。

スパークリング・ワインのラベルには、父フランシスが、自由奔放で且つ魅惑的な魅力を持つソフィアを表現した数々の形容詞が書き連ねてあり、父の愛情がたっぷり詰まったギフトです。

フランシス・フォード・コッポラ ヴォトル・サンテ

コッポラ監督の祖母マリアはチュニジア生まれのイタリア人。4 ヶ国語を話す彼女はディナーの度にフランス語で “ ア・ヴォトル・サンテ! ”(あなたの健康の為に!)と言って乾杯をしていました。

彼女に敬意を払って造られたこのワインは、フランスのブルゴーニュスタイルのワインで、冷涼な地域のブドウから造られるエレガントで食事に好く合うフード・フレンドリーなワインです。

グレイ・フォックス・ヴィンヤード

ブドウ畑を取り囲んでる森林地帯の野生動物や有益な昆虫などのバランスを保つために重要な役割を果たしているグレイ狐にちなんで名付けられたワインです。

エコ・バランスや環境保全を実践しながら栽培された高品質のブドウから、リーズナブルでバリューのあるワインが生まれました。

日本でもバリューワインとして雑誌等で高く評価され、レストランのハウスワインとしても大人気のワインです。

グローヴ・ストリート・ワイナリー

ソノマのヒールズバーグにあるグローブ・ストリートに佇むワイナリーです。

ジラードのパット・ロニーがオーナーを務め、リーズナブルで口当たりの良いワインを造っています。ラベルにはグローブ(森)を思わせる枝葉が金色に輝いています。

フレンチ・コロンバールを中心としたブレンドのワインで、カリフォルニアの海岸線沿いのブドウ産地から毎年品質の安定したブドウを使用しています。

イントゥ

「I am INTO Zin! ジンファンデルに夢中!」のように使われる「INTO」の英単語がそのままブランド名になったファンキーなワインです。

ワイン棚で目を引くインパクトあるラベルはパーティの席でも注目の的間違いなしです。中身のワインは「これぞカリフォルニアワイン」と言う果実味たっぷりの味わいで、カリフォルニアワイン好きにはたまらないバリュー・ワインです。

シャルドネにもピノにもカベルネにもぞっこんになってください!

マリエッタ・セラーズ

マリエッタ・セラーズはクリス・ビルブロ(Chris Bilbro)がソノマのドライ・クリーク・ヴァレーに1978 年に創業したワイナリーです。 マリエッタという名前は、クリスの叔母の名前です。クリスは彼女が作る手料理が大好きで、いつも台所仕事のお手伝いをしていました。マリエッタと叔父の食卓には常にワインがあり、クリスは家族の幸せの根底には美味しいお食事とお酒があるものだと感じながら育ちました。 大人になったクリスは1975 年に叔父が所有していたバンディエラ(Bandiera)というワイナリーの株式を一部購入し、経営に関わります。その3 年後、自身のワイナリーを夢見たクリスはバンディエラの株式を売却し、得た資金を使いマリエッタ・セラーズを創業します。カリフォルニア全土を ...

詳細を読む »

メイオミ

ケイマスで有名なワグナー・ファミリーのブランドとしてスタートしたメイオミ。二男のジョーが造ったピノ・ノワールは瞬く間に全米のレストランで大人気となり、2014年にはWine & Sprits誌の「バイザグラスNo.1ブランド」に選ばれました。そして2015年、なんとメイオミはワイナリーとして独り立ち。同じアぺレーションのシャルドネと共に日本に再上陸致しました。

ワインは今迄通り沿岸地域の冷涼なエリアのブドウを使用し、ゆっくりと育ったブドウから凝縮感&インパクトのあるスタイルを継続しています。「Meiomi」はカリフォルニアの沿岸地域に住んでいたアメリカンインディアン原住民ワッポ族の言葉で「海岸・沿岸」を意味しています。

エム・エル・ビー

このワインは、MLBファンにも、ワイン・ファンにも楽しんでもらえるワインを目指して造られました。多くの著名なワインを生産するカリフォルニアの銘醸地のブドウから造られ、丁寧に醸造された高品質ワインです。アメリカではスタジアムと厳選されたショップで販売されています。

球団とワイナリーが共にワインを選別し、ラベルをデザインしました。ニューヨーク・ヤンキースに続いて、ロサンゼルス・エンゼルスの公認ワインも日本に到着!ワインは親しみやすくMLBファンがシーズンを通して楽しめるワインです。全てのボトルにはMLB公認ワインの証であるホログラムが貼られています。

オーク・リッジ

マッジオ&レイノルズ家が最初に生産したワインがこのワイナリー名と同じ「Oak Ridge」です。彼らが所有する広大なジンファンデルの畑から樹齢120年以上の樹から造られる貴重なワインはじめ、カリフォルニアらしいたっぷりとした果実味が特徴のシャルドネとカベルネ・ソーヴィニョンが揃っています。

ペッパーウッド・グローヴ

ドン・セバスチャーニ&サンズは20 年以上に渡り、それぞれの目的に合った多様性のあるワインを造り続けてきました。どのシリーズも品質と価格のバランスの取れたコストパフォーマンスの大変高いワインばかりです。その中でも多くの受賞歴を誇るワインがこのペッパーウッド・グローヴです。 アメリカではワイン・エンシュージアスト誌で17 回「Best Buy」を、そしてワイン・スペクテーター誌では21 回の「Best Value」賞に輝きました。日本では毎年年末に話題となる「一個人」誌で何度も1 位に輝き、ワイン王国誌のブラインド・テイスティングで五つ星を獲得する等、国内外でコストパフォーマンスの高さが証明されています。 パッケージは、ブリスル・コーン・ツリーと言われる松の一種の ...

詳細を読む »

スコリウム・プロジェクト

スコリウム・プロジェクトのワインは、オーナー Abe Schoener(エイブ・ショーナー)の魂が込められている。成功も失敗も経験だと考えるエイブは「ワインを造る」行為そのものが勉学だと、そう語る。だが、どれだけ勉強熱心でも、ワインが美味しくなくては全く無意味。それが大前提だということはエイブも理解しているようだ。 正直、スコリウム・プロジェクトのワインは好き嫌いがハッキリと分かれるタイプのワインである。口に合う合わないは別として、消費者が彼のワインを体験する事自体に意味があり、そこからまたワインの知識を深めてほしいと、エイブはそう言う。「Scholium」はギリシャ語の「scholion」に由来する。これは、「ワインを(に)学ぶ」という意味が込められている。 エイブの ...

詳細を読む »

スモーキング・ルーン

タバコをふかしている水鳥のラベルがユニークなスモーキング・ルーン。

これらワインは、美味しいワインは気軽に楽しめれば良い、と言うドン・セバスチャーニ&サンズのポリシーから生まれました。ドン・セバスチャーニが好きな葉巻と、彼の父であるオーガストが愛した水鳥を組み合わせて造り上げたセバスチャーニ・ファミリーお気に入りのワインです。

それぞれの品種に相応しい産地で品質の高いブドウを探し、リーズナブルな価格で品種の個性をいかんなく発揮したバリューワインです。

ツイステッド

テーブルを華やかにするスタイリッシュなラベルデザインで、カジュアルに幅広い食事に合う親しみやすいワインです。友人・家族との会話のお伴や、好きな食事と一緒に、あるいは一人でゆっくりとリラックスする場面で活躍するワインです。4 種類の品種は辛口でリッチなシャルドネから、スパイシーなジンファンデル、フルボディのカベルネ等、個性豊かなラインナップです。

2014 年にはワイナリー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、アメリカのリーディングワイナリーとして高く評価されているデリカート・ファミリー・ヴィンヤーズの傘下ブランドです。

ウルトラバイオレット

アメリカのワイン愛好家達の間で話題になっている天才女性醸造家サマンサ・シーンが造るコスパ抜群のナパ・ヴァレーワインです。ウルトラバイオレットのオーナーであるサマンサは、ブルゴーニュへの旅行がきっかけとなり醸造の勉強を始めました。世界で最も有名で高価なブルゴーニュ・ワインの裏側には、謙虚でアットホームな造り手たちの姿があり、そんな謹厳実直なワインの世界に魅了されました。 ウルトラバイオレットの造りは極めてナチュラルで、無駄な添加物や酵素は一切入れず、亜硫酸塩は最低限に抑えています。ブドウは彼女が持つ栽培家達の人脈を使い、ナパAVAのハイクオリティのブドウをできるだけ安く仕入れています。  サマンサはUltraviolet の他に、チャーミングで遊び心たっぷりのラベルが ...

詳細を読む »