ガーギッチ・ヒルズ・エステート

パリ対決シャルドネを造ったのは、この人!

1976 年、かの有名なパリのティスティングの結果を受けて、ミリェンコ " マイク "・ガーギッチの名が世に知れ渡ります。フランスのトップクラスのワインとカリフォルニアワインのブラインドテイスティングが行われ、白ワインのトップに選ばれたのがカリフォルニア産の「1973年モンテレーナ・シャルドネ」でした。カリフォルニアワインが世界に認められるきっかけとなったこのワインを造ったその男こそが、マイク・ガーギッチでした。

その翌年、マイクはあの「ヒルズ・ブラザーズ・コーヒー」のオースティン・ヒルズとパートナーを組み、ナパ・ヴァレーにガーギッチ・ヒルズ・セラーを設立します。1977 年の独立記念日のことでした。もともとヒルズ氏は経営のスペシャリストであり、ナパ・ヴァレーのラザフォードの一等地にいくつもの畑を所有していた為、ワイナリーの資金源としてはもとより、ビジネス面でも細かく指揮を取ることが可能でした。その一方でマイクは根っからの醸造家で、最高品質のワインを造ることだけに専念したのです。息ぴったりの二人が生み出したリッチで複雑なシャルドネは、その後も世界各国の賞を受賞し、ワイン・ラヴァーの心を鷲掴みにする事となります。

ガーギッチ・ヒルズのワインは、安定した品質と長期熟成可能なワインとして知られているほか、アメリカのレーガン大統領やクリントン大統領、英国のエリザベス 2 世女王等の晩餐会で愛飲されました。

青色のベレー帽がトレードマークのマイクは 90 歳を過ぎた今でも健在です。2008 年には、カリフォルニアのワイン産業に貢献した人物をたたえる「Vintners Hall of Fame 」の殿堂入りを果たします。ガーギッチ・ヒルズは現在、マイクの愛娘 Violet と甥の Ivo Jeramaz が舵を取ります。決して過去の栄光に溺れる事がないよう、二人は毎年ワインの品質向上に力を入れています。

ガーギッチ・ヒルズでは環境にやさしい農業を実践することが、健康的で豊かなブドウ畑を維持するための長期的でしかも現実的な唯一な方法だと信じています。ガーギッチ・ヒルズが所有する 5 つの自社畑では有機栽培を実践し、天然酵母だけを用いてワインを醸造します。自社畑のブドウ 100%からワインを造っていることを証明する為、2007 年にワイナリー名をガーギッチ・ヒルズ・エステートに改名しました。

住所

1829 St Helena Hwy, Rutherford, CA 94573

生産国

アメリカ

地方

カリフォルニア

アぺレーション

ナパ・ヴァレー


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン