フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット Director's Cut

監督作!フィルムを纏ったファインワイン

“ワインメイキング(ワイン醸造)とフィルムメイキング(映画製作)はカリフォルニアの発展の中で生まれた二つの偉大な芸術の形だと思います。両者とも生の素材から始まります-ワインの場合は土地とブドウ、映画の場合は脚本と俳優の演技です。醸造家はこの生の素材を発酵させブレンドし、この樽はOK、あちらにはダメだしします。映画監督も同じ事をします。キャスティングから衣装、編集、音楽までOK とダメだしを出し続けます。両方のケースに於いてスタートは最上級の素材から始めなければいけません-それが土地であっても脚本であっても。”
‐フランシス・フォード・コッポラ


フィルムメイキングとワインメイキングのソノマにおける交点映画界では「ディレクターズ・カット」とは映画作製者の創造的なビジョンを示す物という意味に捉えられています。フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーにおいては、「ディレクターズ・カット」ワインは“ディレクター”であるコーリー・ベックが、典型的なソノマ・ワインを彼自身のユニークな演出を通して造られています。このボトルに巻きつけられたユニークなラベルデザインは、ゾーエトロープという動画の初期装置に使用されていたフィルム状の帯です。それぞれの品種別に異なる絵柄がチョイスされているフィルムは、フランシス個人所有のフィルムコレクションのレプリカを使用しています。

 

2017 年、アカデミー賞のオフィシャルワイナリーにも選ばれ、2017 - 2019年のアカデミー賞関連のイベントで、このディレクターズ・カット始めフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーのワインが振る舞われました。

住所

300 Via Archimedes, Geyserville, CA 95441, USA

生産国

アメリカ

地方

カリフォルニア

アぺレーション

ソノマ・カウンティ


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン


2017 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット シャルドネ ロシアン・リヴァー・ヴァレー

Francis Ford Coppola Director's Cut Chardonnay Russian River Valley ≪2019 年2 月 米国アカデミー賞のパーティでサービスされました!≫

詳細 »
¥3,980
2016 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット ジンファンデル ドライ・クリーク・ヴァレー
2017 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット ピノ・ノワール ロシアン・リヴァー・ヴァレー
2016 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット カベルネ・ソーヴィニョン アレキサンダー・ヴァレー
2017 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット シネマ ソノマ・カウンティ

Francis Ford Coppola Director’s Cut Cinema Sonoma County ワイナリー限定販売の「CINEMA」がいよいよ日本に到着! 「CINEMA」 ソノマで生まれ育ったコーリーがフランシスと共に造り上げたディレクターズ・カットのシリーズの中で、それぞれの品種の銘醸地とされるアペレーションで栽培されたブドウの良いところだけをブレンドしたワイン。フランシスが「シネマ」と名付けました。

詳細 »
¥5,500
2015 フランシス・フォード・コッポラ ディレクターズ・カット ジンファンデル ドライ・クリーク・ヴァレー 1,500ml