ベデル・セラーズ
Bedell Cellars

NY ワインの代表格、オバマ氏愛飲メルロ

ロング・アイランドのガーデン・シティに住んでいたキップ・ベデルは家で趣味のワイン造りを始めました。妻のスーザンとワインを造るうちに自宅地下のワイン造りに物足りなさを感じ、1979 年に 50 エーカーのジャガイモ畑を購入しブドウ畑を耕し始めました。二人はガーデン・シティから通いながらベデル・セラーズを立ち上げ、友人の助けを借りながら最初の 7 ヘクタールの畑に植樹し、その後畑を広げていきました。

最初の収穫の ʻ83 年と ʻ84 年のブドウは他のワイナリーへ売りました。1985 年の収穫時にはすさまじいハリケーン 「グロリア」 に襲われ、停電などの影響も重なり、赤ワイン用のブドウをほとんど失うという惨事に見舞われました。このような事故もありキップは 1986 年のヴィンテージをベデル・セラー最初の収穫と呼んでいます。そしてこの最初のヴィンテージであるシャルドネ・リザーヴはダラス・モーニング・ニュース・コンペティションでゴールドメダルを受賞したのです。

現在、ベデル・セラーズが所有しているブドウ畑は、ロング・アイランドのノース・フォーク産地の中で平均樹齢が最も古い畑だと言われています。ここ一帯は、氷河が溶けて作られた土壌と言われていて、土壌は砂質ロームや砂利混じりのロームです。それぞれの畑の土壌やミクロクライメートに適したブドウのクローンを植え、ロング・アイランドのニュアンスと風の香りを、そっくりそのままワインから感じられるようにブドウを栽培します。

ワインの醸造は完全に天然酵母で行い、ブドウ本来が持つ自然な酸味とミネラルを、樽の香りとアルコール度数のバランスを考えながら丁寧にユニークなワインを造ります。

現在ではロード・オブ・ザ・リング等で知られる映画会社ニュー・ライン・シネマの会長兼CEOであるマイケル・リンがオーナーとなり最新設備を導入し、さらに高品質なワインを造り続けています。

2013 年 1 月、オバマ大統領再選の就任式昼食会にこのベデルのメルロが供され、まさに話題のワイナリーとなりました。

 

ロング・アイランドワイン産地について:

ロング・アイランドは「ニューヨークのボルドー」と呼ばれニューヨーク州の最も新しく最も成長著しいワイン産地です。

ニューヨーク・シティの東約 160km にあり、島の先端はノース・フォーク ( 北分岐 ) とザ・ハンプトンズとして知られるサウス・フォーク ( 南分岐 ) に分かれています。グレート・ペコニック湾が分岐点となり二つにフォークが分かれノース・フォークの北にはロング・アイランド湾が、サウス・フォークの南には太平洋が広がります。これらの海が温暖な気候をもたらし長いブドウ生育期を作り、しっかりとしたメルロやアロマティック且つエレガントなカベルネ・フランなどヨーロッパの伝統品種に最適な土地です。

生産国

アメリカ

地方

ニューヨーク

アぺレーション

ロング・アイランド


このワイナリーからのワイン


2017 ベデル・セラーズ メルロ ノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド

Bedell Cellars Merlot North Fork of Long Island 大統領晩餐会で供されたワイン!

詳細 »
¥3,700
2016 ベデル・セラーズ カベルネ・フラン ノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド

Bedell Cellars Cabernet Franc North Fork of Long Island

詳細 »
¥3,900