ヴィーニャ・コボス
Vina Cobos

カリフォルニアに拠点を置く天才醸造家のポール・ホブスが唯一アルゼンチンに所有しているプレミアムワイナリーです。

1988 年、ポールはカリフォルニア以外の他のニューワールド産地のポテンシャルに興味を持ち、チリとアルゼンチンのワイン産地を巡り、そこでニコラス・カテーナに出会います。カテーナは翌年の 1989 年にアルゼンチン最初のワールド・クラス・シャルドネを造る新しいプロジェクトの担当としてポールをメンドーサに招待しました。しかし、ここでポールが目にしたのは、セラーの奥深くに廃棄物同様にそっちのけにされているマルベックというブドウで造られた赤ワインでした。アルゼンチンの気候と土壌をくまなく研究したポールは、アルゼンチンが専念して誇るべきワールド・クラスのワインはシャルドネではなくマルベックと言う驚きの結果を出しました。以降、アメリカに大量の高品質マルベックが輸出されるようになり、アルゼンチン・イコール・マルベックという認識が世界に広まります。

それ以来 400 年以上のブドウ栽培の歴史のあるユニークなテロワールとマルベックに魅了され、アルゼンチンを代表するプレミアム・ワインを生産しています。2014 年には、評論家のジェームス・サックリング氏がアルゼンチン産のワインとしては初めてとなる 100 点満点を単一畑のマルベック「2011 コボス」につけました。

生産国

アルゼンチン

地方

メンドーサ

アぺレーション

バジェ・デ・ウコ, メンドーサ, ルハン・デ・クージョ