パイス・サルヴァヘ
Pais Salvaje

チリの原点パイス品種を復活させよう!

<ブション・ファミリー・ワインズ>

フランス移民のエミリオ・ブションがチリに入植したのが1887 年。彼はコルチャグア・ヴァレーにブドウ畑を購入しました。1970 年代にエミリオの孫フリオがマウレ・ヴァレーに畑を購入しワイナリーを設立。これが現在のブション・ワイナリーのスタートとなりました。21 世紀に入りチリワインの世界的な躍進と共にビジネスも拡大していきました。現在、ワイン造りはフリオの子供達である4 世代目が引き継いでいます。


彼らは受け継いできたワイン造りを継続する一方、新しいことにもチャレンジしています。古樹のカリニャンを救うVigno の活動にも積極的に参加し、またチリワインの原点とも呼ばれるパイス種にも光を当て温故知新的スタイルのワインを発信しています。

 

16世紀にスペイン人宣教師によってチリに持ち込まれたブドウがパイス種。
繁殖力が強く収量も多い事から簡単にチリ全土に広がりましたが、海外市場での昨今の高貴品種人気で畑が減少していきました。そんな状況の中でチリワインの原点、伝統品種と呼ばれるパイス種を復興させたいと始まったブランドです。

生産国

チリ

地方

ヴァレ・セントラル

アぺレーション

マウレ・ヴァレー


このワイナリーからのワイン


パイス・サルヴァヘ マウレ・ヴァレー

Pais Salvaje Maule Valley   パイス・サルヴァへは、チリのマウレ・ヴァレーの乾燥した海岸地域に位置するミング レと言う土地に自生している、野生パイス種のブドウから造られています。その野生の パイス種はミングレの地に広がる土着の自然に生えている草木に絡まり成長していま す。そのミングレにブション・ファミリー・ワインの中心となるワイナリーを持つブシ ョン家は、5 メートルにもなるハシゴを使って自生しているパイス種のブドウを収穫し ます。ワイン造りはそのブドウが野生である事を尊重し、発酵もブドウに付いている天 然酵母だけで行われ、フィルターもかけずに仕上げられます。パイス・サルヴァヘは野 生の花やローズヒップ、チェリー、野生のイチゴ等の香りを引き出し、味わいはジュー シーでフレッシュ、そして軽やかです。正直でごまかしのない真のワインで、チリの昔 のワインの味わいを甦らせたワインです。

詳細 »
¥2,500
パイス・サルヴァヘ・ホワイト マウレ・ヴァレー

Pais Salvaje White Maule Valley   パイス・サルヴァへは、 チリのマウレ・ヴァレーの乾燥した海岸地域に位置するミングレと言う土地に自生している 、 野生 パイス種のブドウから造られています。その野生の パイス種 はミングレの地に広がる土着の自然に生えている草木に絡まり成長しています。 その ミングレにブション・ファミリー・ワインの中心となるワイナリーを持つ ブション家は、 5 メートルにもなるハシゴを使って自生しているパイス種のブドウを収穫します。 ワイン造りは その ブドウが 野生である事を尊重し、発酵もブドウに付いている天然酵母 だけで行われ、 フィルターもかけずに仕上げられます。 パイス・サルヴァヘは野生の花やローズヒップ、 チェリー 、 野生のイチゴ 等の香りを引き出し、味わいはジューシーでフレッシュ 、 そして軽やかです。正直でごまかしのない真のワインで、チリの昔のワインの味わいを甦らせたワインです。  

詳細 »
¥2,500