パイス・サルヴァヘ

16世紀にスペイン人宣教師によってチリに持ち込まれたブドウがパイス種。

繁殖力が強く収量も多い事から簡単にチリ全土に広がりましたが、海外市場での昨今の高貴品種人気で畑が減少していきました。そんな状況の中でチリワインの原点、伝統品種と呼ばれるパイス種を復興させたいと始まったブランドです。

生産国

チリ

地方

ヴァレ・セントラル

アぺレーション

マウレ・ヴァレー


このワイナリーからのワイン


2018 パイス・サルヴァヘ マウレ・ヴァレー

Pais Salvaje Valley

詳細 »
¥2,500
2018 パイス・サルヴァヘ・ホワイト マウレ・ヴァレー

Pais Salvaje White Maule Valley

詳細 »
¥2,500