2018 クルーズ・ワイン・カンパニー マスカット ローリック シエラ・フットヒルズ

New
クルーズ・ワイン・カンパニー マスカット ローリック シエラ・フットヒルズ

¥4,500

売り切れ

Cruse Wine Co. Muscat Rorick Sierra Foothills

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション シエラ・フットヒルズ
ワイナリー クルーズ・ワイン・カンパニーCruse Wine Co.
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 100% マスカット
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.0%
商品コード CWR1M18
UPC 869657000095
在庫 売り切れ

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

ハイチュウを思わせるような、メロン、みかん、ライチ、ジャスミン等のアロマがあります。口に含むと辛口で、マスカット品種とは思えない程しっかりとしたミネラルがあり、芝や土壌を連想させる一面もあります。余韻はとても長く、標高が高いローリック・ヴィンヤード特有の凝縮感と存在感があります。しっかり目のマスカットに仕上がりました。

生産情報


ブドウ栽培

この畑はSierra Foothills AVA 内にある、Murphys 村付近の標高の高い所に位置します。90 年代半ばに植樹されたマスカットのブドウが使われています。土壌は表土が片岩質で、下層土は石灰岩です。フォーローン・ホープのオーナー醸造家Matthew Rorickと彼の家族が所有している畑です。高い樹齢と標高、そして驚くほど岩が多くゴロゴロとしたテロワールによって収量が自然に制御され、小さな粒の小さな房が実ります。

醸造

ブドウは全て手摘みされ、スキンコンタクトを行わずに軽めにプレスを行います。果汁はオーク旧樽に移され、そこで土着酵母の力により自然に発酵します。ごく僅かの亜硫酸塩をボトリング直前に添加しました。

ワイナリー


ワイナリー情報

「Cruse Wine Co.」と「Ultramarine」は今、世界中から最も注目を浴びているカリフォルニア・ブランドです。この 2 つのブランドのオーナー兼醸造家である Michael Cruse は、UC Berkley 校で生化学を専攻し、卒業後は SutterHome や Starmont 等で科学的な観点から醸造を学びました。フォーマルな醸造の教育は一切受けていなく、手探りと現場での経験をもとにワイン科学を全て独学で学び、2013 年に Cruse Wine Co. と Ultramarine を設立しました。そして、そのわずか 3 年後に「サンフランシスコ・クロニクル」紙でWinemaker of the Year に選ばれ、カリフォルニア・ワイン業界における異端児として脚光を浴びます。

「Cruse Wine Co.」ブランドではカリフォルニア特有のピュアな果実味と透明感、そしてしっかりとした骨格を持つ感受性の高いワインを、Ultramarine」ブランドではシャンパーニュのレコルタン・マニュピュランをインスピレーションに、単一畑、単一ヴィンテージの香り高い手造りスパークリング・ワインを生産しています。

アメリカ現地の星付きレストランでさえも年間の割当が数本のみで、数多くのソムリエやワインバイヤーが、喉から手が出るほど欲しがる人気ワインです。多様性の時代に入ったカリフォルニアワインを象徴するかのように、従来のスタイルやブドウ品種に囚われずに、複雑で個性あるフレッシュなワインを造ります。クチコミや SNS 等を積極的にマーケティング・ツールとして活用し、まさに次世代を担う新進気鋭のワインメーカーとして世界に飛躍しています。

このワインのレビューを書く