2013 ブラマーレ マルベック マルキオリ・ヴィンヤード メンドーサ

2013 ブラマーレ マルベック マルキオリ・ヴィンヤード メンドーサ

¥12,000

Bramare Malbec Marchiori Vineyard Mendoza

このワインについて


生産国 アルゼンチン
地方 メンドーサ
アぺレーション ルハン・デ・クージョ
ワイナリー ヴィーニャ・コボス
ヴィンテージ 2013
ぶどうの品種 100%マルベック
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.7%
商品コード VBM4L13
UPC 812884010057
在庫 在庫あり

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

濃い紫色。赤いバラの花やスミレ、ミネラル、赤果実、鉛筆の芯、タバコ、チョコレと赤果実、クローヴや胡椒を思わせるスパイシーなアロマがあります。口に含むと、ビロードのようななめらかさがと甘酸っぱさがあり、熟したタンニンを感じます。カラメルやはちみつのニュアンスがあり、とてもエレガントで凝縮した長い余韻があります。

生産情報


土壌

この区画は地層が深く、表土は灰色粘土、石灰質と砂質ロームで、下層土は水はけの良い砂利で構成されます。有機物が少なく、PH はやや高めの土壌です。

ヴィンテージノート

冬は乾燥していました。春は寒暖の差が適度にあり、11 月~12 月に雹の降りましたが、ブドウに影響はありませんでした。
開花の時期にはとても良い気候でした。ブドウは問題なく結実し、凝縮感とエレガンス、ピュアな一面と成熟したタンニン、果実のストレートさが感じられるバランスの良いワインに仕上がりました。

ブドウ栽培

ルハン・デ・クージョは歴史的にもメンドーサの主要なワイン生産地として知られる地域です。標高が高く(900m ~ 1,070m)半砂漠気候で養分の低い砂利の多い土壌で高品質のブドウを栽培するのに最適な土地です。

醸造

収量 : 1.78 トン/ エーカー
1 次発酵 : 培養酵母と天然酵母使用、密閉式ステンレスタンク(8t)
マセレーション : 5 日間のコールドソーク、合計29 日間
二次発酵 : 樽の中で自然に起こるマロラクティック発酵、3 ヶ月間
熟成 : 60%フレンチオーク新樽、5%アメリカンオーク新樽、35%旧樽で17 ヶ月

ワイナリー


ワイナリー情報

カリフォルニアに拠点を置く天才醸造家のポール・ホブスが唯一アルゼンチンに所有しているプレミアムワイナリーです。

1988 年、ポールはカリフォルニア以外の他のニューワールド産地のポテンシャルに興味を持ち、チリとアルゼンチンのワイン産地を巡り、そこでニコラス・カテーナに出会います。カテーナは翌年の 1989 年にアルゼンチン最初のワールド・クラス・シャルドネを造る新しいプロジェクトの担当としてポールをメンドーサに招待しました。しかし、ここでポールが目にしたのは、セラーの奥深くに廃棄物同様にそっちのけにされているマルベックというブドウで造られた赤ワインでした。アルゼンチンの気候と土壌をくまなく研究したポールは、アルゼンチンが専念して誇るべきワールド・クラスのワインはシャルドネではなくマルベックと言う驚きの結果を出しました。以降、アメリカに大量の高品質マルベックが輸出されるようになり、アルゼンチン・イコール・マルベックという認識が世界に広まります。

それ以来 400 年以上のブドウ栽培の歴史のあるユニークなテロワールとマルベックに魅了され、アルゼンチンを代表するプレミアム・ワインを生産しています。2014 年には、評論家のジェームス・サックリング氏がアルゼンチン産のワインとしては初めてとなる 100 点満点を単一畑のマルベック「2011 コボス」につけました。

このワインのレビューを書く