2017 ワイ・バイ・ヨシキ カリフォルニア シャルドネ

2017 ワイ・バイ・ヨシキ カリフォルニア シャルドネ

¥5,300

売り切れ

Y by Yoshiki California Chardonnay
※専用箱に入っておりません。
 

※完売いたしました(再入荷の予定はありません)。
お電話でお問合せ頂いた場合も、同回答となります旨ご了承くださいますようお願い致します。

 

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション カリフォルニア
ワイナリー ワイ・バイ・ヨシキ
ヴィンテージ 2017
ぶどうの品種 100% シャルドネ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.5%
商品コード YY-1C17
UPC 4571257882153
在庫 売り切れ

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

鮮やかな薄めのゴールドカラーで、洋ナシ、リンゴ、桃系のフルーツのアロマが感じられます。ワインはミディアムボディで、白桃、トーストしたナッツ、フレッシュ・クリームや蜂蜜のフレーバーが感じられます。長く優雅な後味を持ち、もう一杯飲みたくなる魅力的なワインです。

生産情報


ヴィンテージノート

ストーリー
2009年に誕生した 「Y by Yoshiki」は、日本を代表するアーティストYOSHIKIと、ナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家のロブ・モンダヴィJr.とのコラボレーションです。ワインはカリフォルニアの上質な畑のブドウを使用し、このパートナーシップの芸術性、クオリティ、そして創造性を 表現しています。

生育期
2017年は5年続いた干ばつが終わりを遂げた年となりました。生育期は雨に始まり、貯水池には水が満たされ、土にも水分が含まれました。収穫は多くの地域で早く始まり、8月後半から9月初めにかけての熱波の影響で収穫のスピードは加速しましたが、9月の中旬に気温が下がり収穫のスピードはペースダウンしました。多くの地域で、熱波の為に収量が減少したとレポートされていますが、2017年ヴィンテージは力強い素晴らしい品質だと皆自信を持っています。

醸造

夜間の涼しい時間に収穫されたブドウは、優しく丁寧に全房プレス機にかけられ、フリーランジュースだけがフレンチオーク新樽に移され100%樽発酵されます。この樽の中でアルコール発酵とマロラクティック発酵が行われ、デリケートでフローラルなアロマとフレッシュでクリーンなシャルドネの表現が生まれます。発酵後は9か月シュールリー熟成され、その間、舌触りに深みを与える為に撹拌作業が行われます。

ワイナリー


ワイナリー情報

Y by Yoshiki

“When I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It’s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free.

Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music.”                                                                                                                  - YOSHIKI

訳:

「作曲をする時、私は五線紙に音符を書いていきます。楽器は滅多に使いません。頭の中で全てのメロディが聞こえるからです。そしてこの工程でほとんどが完成します。ワインは私にとって音楽と同じです。一口口に含む度にイマジネーションが広がり、心が解き放たれます。“Y”は、ロブ・モンダヴィJr.と共に、私のワインと音楽への情熱から創造されました。」          

 

X JAPANのリーダーでドラマー、ピアニスト。そして作詞・作曲を手掛ける音楽家として、世界的に活躍するYOSHIKIがプロデュースする「Y by Yoshiki」(ワイ・バイ・ヨシキ)。

2009年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKIとナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワインです。

カリフォルニアに居を構え、ワインに親しんできたYOSHIKIは、常にモンダヴィ・ファミリーを称賛し、彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきました。そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニア・ワイン業界で最も尊敬されるファミリーの1つであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーでした。

2009年2月、ナパ・ヴァレーを訪れたYOSHIKIは、マイケル・モンダヴィとロブの親子と会い、彼らの自宅で夕食を共にし、マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステートではロブと共にワインのティスティングを行い、シャルドネとカベルネ・ソーヴィニョンのブレンドを行いました。その時にブレンドした最初のヴィンテージである2008年カベルネ・ソーヴィニョンとシャルドネは2009年の秋に日本でリリース。このワインは、YOSHIKIの好きな味わいやフレーバーを、彼自身がティスティングから選び、造られました。

その後、2016年秋に新しくリリースされた2011年カベルネ・ソーヴィニョンと2012年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけから造られたプレミアムワインでした。2017年末、テレビ番組で紹介されたことをきっかけにそのワインは大注目され即完売。「Y by Yoshiki」は日本の市場から姿を消してしまいました。

そこでYOSHIKIは、より多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、再びロブと試飲を重ね新たな「Y by Yoshiki」を発表。前作同様それぞれの品種の個性を十分に表現し、且つカリフォルニアらしさも楽しめる「スマートカジュアル」なワインを2018年7月にリリースしました。ところが発売されたのも束の間、半年もたたないうちにまたしても完売する事態となり、未だ大きな反響は続いています。

話題を呼び続け、入手困難な状況が続くほど多くの人々に愛されるワインとなった「Y by Yoshiki」は、こうしてついに2018年12月、待望のオークヴィル ナパ・ヴァレーをリリースします。

このワインのレビューを書く