2017 クロ・ペガス ミツコズ・ヴィンヤード シャルドネ カーネロス ナパ・ヴァレー

2017 クロ・ペガス ミツコズ・ヴィンヤード シャルドネ カーネロス ナパ・ヴァレー

¥5,000

Clos Pegase Mitsuko's Vineyard Chardonnay Carneros Napa Valley

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション カーネロス
ワイナリー クロ・ペガス・ワイナリー
ヴィンテージ 2017
ぶどうの品種 100%シャルドネ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.6%
商品コード CP-1C17
UPC 033228861115
在庫 在庫あり

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

2017 年ミツコズ・ヴィンヤード・シャルドネは美しいクリアなレモン色をしています。ピーチやメロン、切りたての藁、焼き菓子のスパイスのアロマが感じられます。口当たりは滑らかで、桃系のフルーツ、メロンのフレーバーやかすかなブリオッシュやトーストしたココナッツのフレーバーも持ち合わせています。きりっとした鮮やかな酸味がワインのバランスを整えています。

生産情報


ヴィンテージノート

私達のシャルドネは手摘みで夜間に収穫し、畑でライトを付けながら選別台で房の選別を行います。その後ブドウは冷たいままワイナリーに運ばれ
直ちに優しく全房プレス機にかけられます。果汁は24 時間タンクに入れられ、その後、上澄みの綺麗なジュースだけがタンクに入れられ、選別され
た培養酵母と天然酵母両方を使い低温発酵されます。発酵が50%程進んだところでワインは樽に移され、樽の中で一次発酵が終了します。30%フレ
ンチオーク新樽を使用し、樽の置かれたセラーの中で100%MLF が行われ、この間、舌触りや複雑味を増すために撹拌作業が行われます。9 ヶ月の樽
熟成後、ブレンドされ、軽くフィルターがかけられ瓶詰めされます。

ブドウ栽培

ミツコズ・ヴィンヤード : ハイウエイ121 号線の南、冷涼なナパ・カーネロスに位置するミツコズ・ヴィンヤードは、シャルドネやピノ・ノワールにとって理想的な環境である事が年月をかけて証明されています。1989 年に裸の土地を購入して以来、その土地のポテンシャルを最大限発揮できるよう、植樹し手入れしてきました。
現在も行われている改良としては、どの土地にどのクローンが最適なのかを研究し、ミツコズ・シャルドネのブレンドも毎年進化を遂げています。

収穫
3 年間続いた干ばつ後、2017 年は豊富な降水量に恵まれましたが記録的な雨ともなりました。雨の多い冬と春は地下水や貯水池、灌漑用の池の水を補充する助けになりました。芽吹きは3 月中旬頃に始まり、その頃も小雨が降り続いていましたが、そのおかげで霜の害は回避されることになりました。開花と結実は穏やかな天候の中で確実に進んでいきました。土壌の豊富な水分量が一年を通して根に水分を供給し、キャノピーはどんどん成長していきました。6・7 月は穏やかでしたが散発的に起こる熱波の後に涼しい天候が来て、収穫までその繰り返しが続きました。この生育のストップ&スタートの繰り返しが糖度のレベルも上げたり下げたりしました。幸運な事に、これらのブドウは山火事前の2017 年10 月9 日までに90%の収穫を終了する事が出来ました。

ワイナリー


ワイナリー情報

1955 年、カリフォルニア大学の学生であったイアン・シュラムは休暇で日本を訪問し、ミツコという女性と恋に落ちました。日本で翻訳の出版会社を立ち上げ大成功を収めたイアンは、ミツコさんと結婚しその出版社を売却。駆け落ち同然でヨーロッパに渡り彼女の大好きなワイン造りを学びました。

その後、ワイナリーを設立する為に世界中を旅し、見つけた土地がカリフォルニアのナパ・ヴァレー。そして 1984 年、念願のワイナリーを設立しました。

樽の強いフレーヴァーや高いアルコール、凝縮しすぎたフレーヴァーを避け、フードフレンドリーで十分な果実味がありながらもエレガントな「クロペガス・スタイル」 のワイン造りを実践しています。

妻の名前を付けた「Mitsukoʼs Vineyard」は冷涼なカーネロスに位置し、エレガントなワインを生み出します。フラッグシップワインの「オマージュ」を始め、全てのワインが 450 エーカーある自社畑のブドウから生産されています。

ワイナリーでは、テイスティングやパティオでのピクニック・ツアーにも参加でき、多くの人が訪れるナパの大人気スポットです。

このワインのレビューを書く