2016 ノヴァス カベルネ・ソーヴィニョン ヴァレ・デル・マイポ

ノヴァス カベルネ・ソーヴィニョン ヴァレ・デル・マイポ

¥1,850

Novas Cabernet Sauvignon Valle del Maipo

 

◆ECOCERT(フランス国際有機栽培認証機関) 認定ブドウ使用
◆The Vegan Society(ヴィーガン協会)イギリス国際ヴィーガン認証機関認定ワイン

このワインについて


生産国 チリ
地方 ヴァレ・セントラル
アぺレーション ヴァレ・デル・マイポ
ワイナリー ノヴァスNovas
ヴィンテージ 2016
ぶどうの品種 100% カベルネ・ソーヴィニョン
ナチュラルコルク
容量 750ml
ボトルサイズ 750ml
アルコール度数 13.8%
商品コード EV-4C16
UPC NONE
その他 オーガニック
在庫 在庫あり

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

濃いルビーレッド色。サクランボやイチゴ等の完熟した赤い果実の香りに、トーストやタバコ、杉、かすかなココアのスパイシーなアロマが感じられます。口に含むと、みずみずしく、中程度の骨格に、ベルベットのように滑らかなタンニン感じられ、ジューシーで後味の長いワインです。

生産情報


土壌

水捌けの良い豊富な小石を含むローム~泥質ローム層の深い沖積層由来の台地。土壌中の有機物は少なく(2%)、酸性度はほぼ中性pH6.8-7.0

ヴィンテージノート

アルト・マイポ(マイポ川上流域)はこの品種にとって理想的な土地。マイポ川が自然に流域の温度をコントロールし、冬の異常な低温や春の霜、夏の熱波を和らげます。2015-2016 年シーズンは、春の少雨が良い結実を促進し、ブドウも健康に育ちました。夏の始まりに曇りがちな天気が続き、4 月初めの雨が収穫を早めることになりました。早く収穫した事で、ワインは芳香性の高い表現豊かなエレガントなワインとなりました。

ブドウ栽培

畑:ロス・モロス&リンデロス・ヴィンヤード、マイポ川の南側土手
畑詳細:標高は海抜570-600m で、北向きの垂直仕立て。2008 年に110R の台木に接ぎ木。樹の寄生虫対策と、フレンチクローンとこのヴァレーで最も古く良質なクローンのマサル・セレクションとの相性が良いために選ばれた台木。1999 年よりドリップ式灌漑開始。
植樹年と植密度:1992 年植樹、4000 本/ヘクタール
1 ヘクタール当り収量:10-12 トン、50-60HL/ha

醸造

収穫:手摘み 2016 年4 月12 日-22 日
醸造所:ラス・パルメラス 熟成:60%フレンチオーク樽、10%フレンチオーク・フードル
樽、30%ステンレスタンクで12 カ月
pH: 3.56 総酸度: 4.94 g/L
残糖:3.44g/L
瓶詰日:2018 年11 月 瓶詰時のSO2 量:0.090g/L

ワイナリーに運ばれてきたブドウはコンベアベルトで2 回選別されます。最初は房の選別、2 回目は除梗後に粒選り。発酵前のコールドソーク(定温浸漬)を8℃で4-5 日間行い、その後ステンレスタンクで天然酵母で26℃でアルコール発酵。発酵中、醸造家の判断によりポンプオーバーが行われます。マロラクティック発酵はタンク、樽の中で自然に行われます。ワインはそのまま樽の中で12 か月熟成されます。清澄や低温安定化は行われず、瓶詰前に1 ミクロンのフィルターで軽く濾過されます。

ワイナリー


ワイナリー情報

星が誕生する時、エネルギーや光を宇宙に放出します。古代の天文学者が幸運にもこの星の誕生を目撃し、「ノヴァ」と呼びました。

この「ノヴァス」は自然の行いを辛抱強く観察を続けた事に対する賛辞を意味しています。

ブドウ畑に戻した草花や昆虫・動物等が作る循環する生態系環境の中、有機栽培で育てられたブドウから丁寧に造られたワインです。

このワインのレビューを書く