2016 ブラマーレ マルベック ルハン・デ・クージョ メンドーサ

2016 ブラマーレ マルベック ルハン・デ・クージョ メンドーサ

¥5,600

Bramare Malbec Lujan de Cuyo Mendoza

 

ルハン・デ・クージョは歴史的にもメンドーサの主要なワイン生産地として知られる地域です。標高が高く(905~1061m)、半砂漠の気候で養分の低い砂利の多い土壌で高品質のブドウを栽培するのに最適な土地です。

このワインについて


生産国 アルゼンチン
地方 メンドーサ
アぺレーション ルハン・デ・クージョ
ワイナリー ヴィーニャ・コボス
ヴィンテージ 2016
ぶどうの品種 100%マルベック
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.0%
商品コード VBL4L16
UPC 812884010118
在庫 在庫あり

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

黒がかったルビー色、赤果実と黒果実の他にリコリスや煙草の葉のアロマがあります。口に含むと大きく広がりを見せ、タンニンと凝縮感が余韻に残ります。

生産情報


ヴィンテージノート

エルニーニョ現象で、平均気温は例年よりも低く、ブドウのフェノール成分の成熟が30 日間も遅れました。1 月と2 月の雨量は例年よりも多く、収穫は3 週間遅れて始まりました。ワイナリーに運ばれてきたブドウは美しい酸と程よい凝縮感がありました。収穫量:1.56 ~ 4.68 t/acre

ブドウ栽培

マルベックの産地として名高いメンドーサ、ルハン・デ・クージョ・アペレーションの畑、標高990m〜1,060m の半砂漠的気候

痩せている砂利質の土壌。高品質ブドウの栽培と生産に適している。

手摘み、2016 年4 月11 日〜20 日

醸造

フレンチオーク新樽20%、アメリカンオーク新樽10%、その他に旧樽70%にて熟成。2017 年11月に無濾過・無清澄で瓶詰め。

ワイナリー


ワイナリー情報

カリフォルニアに拠点を置く天才醸造家のポール・ホブスが唯一アルゼンチンに所有しているプレミアムワイナリーです。

1988 年、ポールはカリフォルニア以外の他のニューワールド産地のポテンシャルに興味を持ち、チリとアルゼンチンのワイン産地を巡り、そこでニコラス・カテーナに出会います。カテーナは翌年の 1989 年にアルゼンチン最初のワールド・クラス・シャルドネを造る新しいプロジェクトの担当としてポールをメンドーサに招待しました。しかし、ここでポールが目にしたのは、セラーの奥深くに廃棄物同様にそっちのけにされているマルベックというブドウで造られた赤ワインでした。アルゼンチンの気候と土壌をくまなく研究したポールは、アルゼンチンが専念して誇るべきワールド・クラスのワインはシャルドネではなくマルベックと言う驚きの結果を出しました。以降、アメリカに大量の高品質マルベックが輸出されるようになり、アルゼンチン・イコール・マルベックという認識が世界に広まります。

それ以来 400 年以上のブドウ栽培の歴史のあるユニークなテロワールとマルベックに魅了され、アルゼンチンを代表するプレミアム・ワインを生産しています。2014 年には、評論家のジェームス・サックリング氏がアルゼンチン産のワインとしては初めてとなる 100 点満点を単一畑のマルベック「2011 コボス」につけました。

このワインのレビューを書く