2017 ポール・ホブス ピノ・ノワール ハイド・ヴィンヤード カーネロス ナパ・ヴァレー

ポール・ホブス ピノ・ノワール ハイド・ヴィンヤード カーネロス ナパ・ヴァレー

¥14,500

Paul Hobbs Pinot Noir Hyde Vineyard Carneros Napa Valley

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション ナパ・ヴァレー
ワイナリー ポール・ホブス・ワインズPaul Hobbs Wines
ヴィンテージ 2017
ぶどうの品種 ピノ・ノワール
ナチュラルコルク
容量 750ml
ボトルサイズ 750ml
アルコール度数 14.2%
商品コード PHH4P17
UPC NONE
在庫 在庫あり

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

1991 年のワイナリー設立以降造り続けている単一畑のワインです。ハイドの特徴は、味の深みとエレガンスです。ハイド特有の濃いルビー色で、ローズティー、スパイスチェリー、土壌のアロマがあります。きめ細かいタンニンが滑らかに感じられ、キイチゴ、ココア、ドライハーブ、フレッシュな酸が長くクリーンな余韻にあります。

ペアリング

ヒッコリーでスモークした鴨の胸肉に紫蘇や海苔、柿等を添えたお料理と合わせると良いでしょう。

生産情報


ヴィンテージノート

5 年続いた干ばつが終わり、記録的な雨でスタートしたヴィンテージでした。貯水湖と帯水層、そして土壌は、まんべんなく潤いました。春は乾燥していて、暖かい夏が到来する前に無事に結実しました。夏は昼夜の寒暖の差が激しく、ブドウはゆっくりとフレーバーと酸を蓄えながら成熟しました。夏の後半には熱波が数回到来し、ブドウが完熟に近づきました。9 月中旬には涼しくなり、ゆっくりと完熟を迎えました。10 月初旬には全てのブドウの収穫を終えました。エネルギッシュで、酸と糖度のバランスがとても良いヴィンテージでした。

ブドウ栽培

▪ オーナー: Larry Hyde
▪ クローン:Beba, Calera
▪ 台木:101-14, 420a, 3309
▪ 植樹:1994、2008
▪ 土壌:丘の斜面、東向き、”Haire” 沖積砂質・ローム質粘土
▪ 斜面:斜度 2~ 30%、北東&南東
▪ 仕立:VSP // bilateral cane
▪ 収量:1.2~ 2.3 トン/ エーカー

収穫:
▪ 夜間に枝切り鋏で手摘みしたブドウを使用
▪ 収穫日:9月 8日

醸造

▪ まだブドウが冷たい時に手作業で選果
▪ 6%全房発酵
▪ 開放式の小型ステンレスタンク、土着酵母で発酵
▪ 5日間のコールド ・ソーク、合計 15日のマセレーション
▪ 優しく行うパンチダウン
▪ 樽の中で自然に起こるMLF
▪ フレンチオーク樽で10ヶ月熟成、新樽 55%
▪ 樽メーカー:Billon, Cadus, Damy, Francois Frères, Gauthier, Leroi, Louis Latour
▪ 2018年 8月瓶詰め、無清澄・ 無濾過

ワイナリー


ワイナリー情報

1978 年ロバート・モンダヴィで最初に醸造に携わったポール・ホブスは、翌79 年オーパス・ワンの醸造チームに配属されオーパス・ワンのファーストヴィンテージを仕込み、81 年には醸造チームリーダーとなり 4 年間を過ごします。

その後ソノマのシミ・ワイナリーの副社長兼醸造責任者を経て、醸造コンサルタントとして独立。1991 年に念願の彼自身のワインを造り始めました。

彼の造るワインは世界中の称賛を浴び、天才醸造家として今世紀を代表する醸造家と称されています。

このワインのレビューを書く