ヴィーニョ(エミリアーナ)
Vigno(Emiliana)

ストーリー

「Vigno(ヴィーニョ)」は2009 年に始まったチリのマウレ・ヴァレーの生産者が始めたプロジェクト。チリで古くから栽培されていたパイス種とのブレンド用として栽培されていたカリニャン。地元消費用であった事や、農地改革の影響で結果的に見捨てられてしまった古樹のカリニャンを救う為に、生産者自らが立ち上がりました。樹齢30 年以上、無灌漑の畑等、厳しい条件の下、ワインを造っています。


エミリアーナも2015 年ヴィンテージから醸造を始めました。他の同社ワイン同様、オーガニック認証のVigno です。

概要
生産国 チリ
地方 ヴァレ・セントラル
アぺレーション マウレ・ヴァレー

このワイナリーからのワイン

View as