back

2011 シュラムスバーグ ジェイ・シュラム ノース・コースト

アメリカ, カリフォルニア
シュラムスバーグ ジェイ・シュラム ノース・コースト

Schramsberg J. Schram North Coast

※箱なし

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション ノース・コースト
ワイナリー シュラムスバーグ・ヴィンヤーズSchramsberg Vineyards
ヴィンテージ 2011
スパークリング白
ぶどうの品種 シャルドネ90%、ピノ・ノワール10%
¥15,400  (税込み)

Schramsberg J. Schram North Coast

※箱なし

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション ノース・コースト
ワイナリー シュラムスバーグ・ヴィンヤーズSchramsberg Vineyards
ヴィンテージ 2011
スパークリング白
ぶどうの品種 シャルドネ90%、ピノ・ノワール10%
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 12.2%
商品コード SA-2WJS-11
在庫 在庫あり
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

焼いた洋ナシ、レモン・メレンゲ、そして焼きリンゴのおいしそうな香りに始まり、それにバターキャンディやはちみつのようなニュアンスが続きま
す。コクのある口当たりには焼いたパイナップルとメイヤー・レモンの要素があり、それに生姜糖が重なります。フィニッシュの奥深さは、余韻の長い自然の酸味によって形づくられています。

ペアリング

J. シュラムはアペリティフとしてももちろんお楽しみいただけますが、貝類、キャビア、スモークサーモン、風味の強いチーズ、ロブスターなどの魚貝類、生ハムやポルチーニのリゾットなどともよく合います。チーズ、ハム類、ナッツ、そして果物などのシンプルな食材ともとよく合います。

生産情報

ヴィンテージノート

シュラムスバーグでは1965年の設立以来、スパークリング・ワインに最上のエレガンスと個性を求める努力をし続けています。出し惜しみしていい努力はない、抜いていい手間はないというシュラムスバーグのワイン造りにおける精神の象徴が、このJ. シュラムなのです。ワイナリーの年間生産量のわずか3%しか生産していないこのシャルドネ主体のJ. シュラムは、毎年300ロット生産されるベースワインの中でも最上級のものだけを使用しています。この特別なワインはシュラムスバーグ設立者のジェイコブ・シュラムへ捧げられており、1987年ヴィンテージが1992年にリリースされてからというもの、その名声を保ち続けているのです。

 

2011年のノース・コーストのブドウは、それまでで一番遅い収穫時期でした。また糖度がそこまで高くならずに果実が完熟したので、醸造家にとっては風味の高いエレガントなワインを造ることができる機会になったのです。冬と春には雨が多く、開花も結実も遅くなり、結果として収量も減りました。全体的に夏の気温も低めだったので、ほとんどの地域で生育期は長くなり、収穫時期も遅くなったのです。このヴィンテージのワインは特筆すべきほどのはっきりとした果実らしい酸が特徴で、そのおかげでセラーでの何年にも渡る熟成が可能なのです。
 

 

ブドウ栽培

産地: ナパ55%、ソノマ40%、マリン4%、メンドシーノ 1%
収穫日: 2011 年8 月29 日〜11 月3 日
 

醸造

オーク樽とステンレスタンクの両方で発酵を行うことでワインの複雑味を作り出し、また一部のワインにMLF を施すことによって、更なる香りの層とクリーミーな味わいを加えます。J. シュラムはシュラムスバーグの歴史あるダイヤモンド・マウンテンの貯蔵庫で7 年間にもわたって熟成され、その後は手作業で動瓶をおこない、ごくわずかなドサージュが加えられます。

 

樽発酵: 全体の33%
熟成: シュールリーで7.6-7.9 年
ディスゴージ: 2019 年11 月15 日-2020 年2 月11 日

総酸量: 10.3g/L
ph: 3.06
残糖量: 9.0g/L

ワイナリー

ワイナリー情報

シュラムスバーグは今から約 150 年前にナパ ・ ヴァレーの山腹にヤコブ ・ シュラム氏によって設立されました。1965 年より所有者となったデイヴィーズ夫 妻によりシャンパーニュ方式で造るスパークリング ・ ワインの造り手として地位を確立してきました。シャルドネから造られるブラン ・ ド ・ ブランから 始まり、その後、歴代のアメリカ大統領の公式晩餐会で幾度となく使用され、アメリカを代表する高品質スパークリングワインを造り続けています。

1965 に現在の社長ヒュー・デイヴィーズの両親にあたる、ジャックとジェイミー・デイヴィーズ夫妻が購入します。何年もの間、廃墟となっていたシュ ラムスバーグでジャックとジェイミー・デイヴィーズ夫妻は、この土地で、アメリカが世界に誇れるスパークリングワインを造ろうと考えました。まだ当時は、カリフォルニアには 21 個のワイナリーしかなく、シャルドネとピノ・ノワールの栽培総面積は 20 ヘクタール程でした。フランス産以外のスパークリングワインは「たんなる泡が入っている飲み物」でしかなく、ワイン以下の扱い、質の高いスパークリングワインなんて誰もが無謀だと思っていました。それでもジャックとジェイミーは諦めませんでした。複雑味と高級感に溢れる国産のシャンパン方式スパークリングワインを造ってみせると。何十年もの間、管理が行き届いていなかった畑のブドウを植え替え、ブドウ栽培に細心の注意を払い、また醸造の全ての工程を見直し、最高の口当たりを生み出す為に試行錯誤を重ねワインの熟成期間を調整します。そしてなによりも二人が信じてやまない「シュラムスバーグ」のストーリーを、全国を飛び回り名前を広めて行きました。

1965 年のブラン・ド・ブランは商業用のスパークリングワインとして始めてシャルドネが使われました。1967 年に発売されたブラン・ド・ノワールはピノ・ノワールを主体に、伝統的なシャンパーニュ方式のスパークリングワインとして名が広まります。その次にリリースされたリザーヴ(Reserve)は、48 ヶ月以上熟成させた高級スパークリングワインとして地位を確立、1973年にリリースされたクレマン・デミ・セックは、セミヨンとゲヴェルツトラミネールの交配種、フローラというブドウから生産され、アメリカ大統領の公式晩餐会で幾度となく使用されます。

1972 年、ニクソン大統領が北京に電撃訪問し行われた周恩来首相との会談では、1969 年のシュラムスバーグ ブラン・ド・ブランが供されました。

その後、1987 年産のブドウから造られたジェイ・シュラム(J. Schram)が1992 年にリリースされ、世界の高級シャンパーニュハウスのテット・ド・キュヴェに匹敵するワインを世に送り出します。ジャックとジェイミーの惜しみない努力の結果、シュラムスバーグは世界的に有名なスパークリングハウスとなります。

アメリカのワイン評論家ネイサン・クローマン(Nathan Chroman)は、こう言います。「普通の生産者のスパークリングワインは 1 行もあれば語れてしまう。フランスの大手がカリフォルニアでスパークリングワインを造り始めた事も、1 段落で十分であろう。でもジャックとジェイミーがカリフォルニ アにもたらした影響は 1 章あっても語りきれないのである」

ブドウは全てが手で収穫され、ワインも手作業で造られます。全てのワインが、ワイナリーの敷地内にあるカーヴで熟成され、ルミアージュもほとんどが社員によって手作業で行われます。フラッグシップワインのジェイ・シュラムのラベルは手で張付け作業が行われます。シュラムスバーグでは 270 万本ものワインをストック、熟成し、世に送り出しています。

シュラムスバーグ・ヴィンヤーズ年表はこちら