back

2019 ハーン・ワイナリー ジー・エス・エム セントラル・コースト

アメリカ, カリフォルニア
ハーン・ワイナリー ジー・エス・エム セントラル・コースト

Hahn Winery GSM Central Coast

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション セントラル・コースト
ワイナリー ハーン・ワイナリーHahn Winery
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 グルナッシュ69%、シラー29%、ムールヴェードル 2%
¥2,695  (税込み)

Hahn Winery GSM Central Coast

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション セントラル・コースト
ワイナリー ハーン・ワイナリーHahn Winery
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 グルナッシュ69%、シラー29%、ムールヴェードル 2%
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

データ
スクリューキャップ
容量 750ml
アルコール度数 14.5%
商品コード HA-4BL--19
UPC 086788000470
在庫 在庫あり
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

色は明るいルビー色で、イチゴやラズベリーが香りの主体で、かすかにブルーベリーや白コショウの香りもあります。生クリームをつけたイチゴやサクランボ、バニラ、たばこの味わいのあとに豊かなミッドバレットが訪れ、口当たりは心地よく、最後は繊細な余韻へと続きます。

ペアリング

BBQで焼いたサーモン、ソーセージとパプリカのソテー、ピザ、ビーツとゴートチーズのサラダなど

生産情報

醸造

このワインは、南フランスのローヌブレンドにインスパアされて作りました。このGSM(グルナッシュ・シラー・ムールヴェードルのブレンド)は、それぞれの品種の個性を組み合わせて豊かな風味と口当たりに仕上げています。生き生きとしたフルーティなグルナッシュはアロヨ・セコで収穫され、ラズベリー、ストロベリー、さくらんぼのフレーヴァーを与えます。サンタ・ルシア・ハイランズのシラーは、色とタンニン、かすかなブルーベリーや黒胡椒のフレーヴァーを与えます。少量のムールヴェードルは、リッチさとドライな後味をより長くしてくれます。

 

熟成: 35%フレンチオーク新樽で11か月
TA: 5.8g/L
pH: 3.65

ワイナリー

ワイナリー情報

1970 年代にドイツ系スイス移民のニッキーとガビー・ハーン夫妻が設立したワイナリーです。当初、カベルネを植樹し、ワイン造りを始めましたが、寒流の流れる太平洋や海底深く冷たい海水を湛えるモントレー湾の影響を受けるこの地域特性から、1980 年代に入りより冷涼な環境で力量を活気するピノ・ノワールとシャルドネに改植しました。1988 年、この地域のポテンシャルを確信したニッキーは、サンタ・ルシア・ハイランズ(SLH)を AVA に認定してもらう活動を始め、遂に1995 年にAVA に認定されました。現在、サンタ・ルシア・ハイランズはピノ・ノワールを筆頭に高級ワインの名醸地として広く知られています。


今日、ハーン・ファミリーはモントレー・カウンティに6 つの自社畑を所有し、SLH に4 自社畑260ha、その南に広がるアロヨ・セコAVA に2 自社畑184ha の畑、合計444ha の自社畑を所有しています。この内140ha はピノ・ノワールが植えられ、SLH 全体のピノ・ノワールの畑の12%を占め、一番のシェアーを持つワイナリーです。また、この地域では一番豊富なクローンの種類を持ち、現在21 の異なるピノ・ノワールを栽培しています。

 

多様性のある土壌、気候、斜面の向きによる日照量、クローンの組み合わせが他には真似のできない素晴らしいピノ・ノワール造りを可能にし、そのピノ・ノワールはそれぞれの自社畑のテロワールの個性を表現しています。この地域では、カリフォルニアの他のブドウ栽培地域より約25 日生育期が長くなり、その結果ブドウは豊富なフレーバー、深み、骨格等を持ち合わせ、凝縮感のある素晴しいワインを生み出します。