back

2018 ザ・ヒルト ピノ・ノワール エステート サンタ・リタ・ヒルズ

アメリカ, カリフォルニア
93 JD
93 VG
ザ・ヒルト ピノ・ノワール エステート  サンタ・リタ・ヒルズ

The Hilt Pinot Noir Estate Santa Rita Hills

「Rancho Salsipuedes」内、The Old Guard とThe Vanguard に使われない区画から造られるワインで、この敷地の個性が全面的に伝わってくるワインに仕上がります。

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション サンタ・リタ・ヒルズ
ワイナリー ザ・ヒルトThe Hilt
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 100% ピノ・ノワール
¥6,490  (税込み)

The Hilt Pinot Noir Estate Santa Rita Hills

「Rancho Salsipuedes」内、The Old Guard とThe Vanguard に使われない区画から造られるワインで、この敷地の個性が全面的に伝わってくるワインに仕上がります。

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション サンタ・リタ・ヒルズ
ワイナリー ザ・ヒルトThe Hilt
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 100% ピノ・ノワール
プレス
93ジェブ・ダナック
この2018 年エステート・ピノ・ノワールは、非常に鮮やかで、色味ははっきりとした紫がかったルビー色で、ラズベリーやサクランボの香りに、スミレやスパイスのニュアンスがある。ミディアムボディで、絹のようなタンニン、そして素晴らしい余韻がある。
93ヴィノス - アントニオ・ガローニ
93 Points アントニオ・ガローニ Vinous2018 年エステート・ピノ・ノワールは、赤系果実、スパイス、そして花の香りが爆弾のようにはじけ出るワインだ。はっきりとした酸が、ワインのフレーバーをさらに鮮やかに形どっている。とても表情豊かなこのワインには、好きになるポイントが 沢山ある。最高だ。
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.0%
商品コード HL-4PN--18
UPC NONE
在庫 在庫あり
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

まずはおいしそうな野性の赤系ベリー、インセンス、ブラッドオレンジ、クローブ、緑の胡椒、そして紅茶の香りで迎えられます。セージやローズマリーなどのドライハーブ、メントール、エルダーベリーの香りもあります。そして継ぎ目のないピュアな赤系果実の印象が、ザクロのようなジューシーな味わいと共に口の中に広がります。きりっとしていて一本筋の通ったアタックと、余韻がありつつもバランスの取れたフィニッシュからは、冷涼で風がある畑の気候条件を感じられます。このエステート・ピノ・ノワールは、あり得ないほど洗練されたタンニンの質量をしっかりと感じるストラクチャーに、魅惑的で、石灰質土壌と奥深い複雑さも感じられます。

生産情報

ブドウ栽培

アぺレーション: サンタ・リタ・ヒルズ
クローン: Carela, Swan, Pommard,Mr. Eden, 37, 113, 114, 115, 667, 777 & 828

醸造

熟成: フレンチオーク新樽8%、フレンチオーク旧樽92% で11 ヶ月間の熟成

ワイナリー

ワイナリー情報

ザ・ヒルトは、サンタ・バーバラ・カウンティの沿岸部の自社畑からシャルドネとピノ・ノワールを生産するプレミアムワイナリーです。カリフォルニア・カルトワインの代名詞であるスクリーミング・イーグルのオーナー、StanKroenke(スタン・クロンキー)が所有し、スクリーミング・イーグルの姉妹ワイナリーとして知られています。


将来を期待される若き才能あふれるワインメーカー、マット・ディースが醸造を務めます。マットは「透明感」があるワインの醸造を得意とし、畑のテロワールをワインにそのまま表現させることができるスペシャリストです。彼は醸造科学を専門分野としていて、巷では土壌オタクと呼ばれています。そのオタクの彼だからこそつくれるワイン、それがザ・ヒルトのシャルドネとピノ・ノワールです。


ザ・ヒルトのワインに使われるブドウは、とても過酷な自然環境で栽培されます。東西に広がるサンタ・リタ・ヒルズ AVA は複雑に入り組んでいて、北向き、南向き、太平洋付近、内陸の 4 つの地区に分けられます。ザ・ヒルトが使っている畑は太平洋により近く、海風の影響を受ける北向きの区画です。栽培がとても難しいことで知られる地区ですが、最良のブドウが育つと言われています。


ザ・ヒルトが本拠地を構えるこの辺りは Rancho Salsipuedes(ランチョ・サルシプエーデス)の名称で知られ、太平洋から内陸 20km の位置にあります。ここは海から吹き込む冷たい風を遮る障害物が一切なく、起伏に富んだ高原で、様々な標高、向き、土壌、ミクロクライメートがあります。この畑の多様性がザ・ヒルトのワインに独特な個性と複雑味を与えています。

この Rancho Salsipuedes には「Radian」、「Bentrock」、「Puerta del Mar」の3 つの自社畑があります。ザ・ヒルトでは、これら畑からスタイルの異なる 3つのブレンド・ワインを造ります。新樽を多めに使い果実味と骨格が感じられる「ザ・ヴァンガード」、旧樽をメインに使いオールドワールドの繊細さとアロマをフィーチャーした「ジ・オールド・ガード」、そして両極端とも言えるこの 2 つのワインの「ちょうど真ん中」的なニュアンスでブレンドされるエステートワインがメインのラインナップです。

 

2019 年には「Puerta del Mar」の敷地に待望のワイナリーが完成しました。

ワイナリーについて詳しく見る 2020(PDF)>>