back

2019 マサイアソン タンデュ コルテーゼ クラークスバーグ

アメリカ, カリフォルニア
マサイアソン タンデュ コルテーゼ クラークスバーグ

Matthiasson Tendu Cortese Clarksburg

気軽に飲めて体に優しいワインとしてデビューしたマサイアソンのテーブルワイン。

 

TENDU
/tänˈdo͞o, täNdY/
形容詞
緊張させる・張る・伸ばしきる
ワイン用語:快活でテンションが感じられるエレガントなワイン
バレエ用語「足裏で床を擦るように出し進め、脚をつま先まで伸ばしきる動き」

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション クラークスバーグ
ワイナリー マサイアソン・ファミリー・ヴィンヤードMatthiasson Family Vineyard
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 コルテーゼ 100%
¥3,190  (税込み)

Matthiasson Tendu Cortese Clarksburg

気軽に飲めて体に優しいワインとしてデビューしたマサイアソンのテーブルワイン。

 

TENDU
/tänˈdo͞o, täNdY/
形容詞
緊張させる・張る・伸ばしきる
ワイン用語:快活でテンションが感じられるエレガントなワイン
バレエ用語「足裏で床を擦るように出し進め、脚をつま先まで伸ばしきる動き」

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニア
アぺレーション クラークスバーグ
ワイナリー マサイアソン・ファミリー・ヴィンヤードMatthiasson Family Vineyard
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 コルテーゼ 100%
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

データ
コルク
容量 750ml
アルコール度数 11.71%
商品コード MTT1CT--19
UPC 866312000264
在庫 在庫あり
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
生産情報

ヴィンテージノート

2018 年冬と19 年春には待ちに待った雨が降り、土壌とブドウの樹を生き返らせてくれました。乾燥していた6-8 年の間よりもとタンニンと凝縮感は穏やかになり、トーンが高めの果実感とデリケートな口当たりの明るいワインに仕上がりました。以前はタンデュの区画のみが有機農法で栽培されていましたが、収穫されたブドウの質の良さが認められて現在では畑のすべてが有機栽培になり、カリフォルニア農業への小さな貢献になりました。

ブドウ栽培

このコルテーゼは、深さのある粘土質ロームの土壌のロスト・スロウ・ヴィンヤードで栽培されています。クラークスバーグAVA で最南端に位置するこの畑は、歴史的な中国系移民の移住地として知られるロックの町の近くにあり、夏の夜間の気温が下がるため、ブドウにしっかりと酸が残るのです。

醸造

土着酵母を使い、ニュートラルオーク樽で発酵します。自然発生のマロラクティック発酵をさせることで、無濾過で瓶詰めできるようにしました。


pH 3.43
総酸度 6.4g/L
亜硫酸塩free 5ppm

ワイナリー

ワイナリー情報

オーナー醸造家のスティーヴ・マサイアソンはナパ・ヴァレー屈指のヴィンヤード・コンサルタントです。彼のクライアントにはアイズリー、シャペレ、スポッツウッド等があり、バランスの取れたブドウ造りに定評があります。

マサイアソンは完全家族経営の小さなワイナリーです。スティーヴが造る白ワインはイタリア・フリウリ地方のワインがモデルで、赤ワインはボルドー・スタイルが中心です。畑(現場)出身の現場主義であり、畑の作業は可能な限り全て自分で行います。そして、スティーヴはワインの味わいを決定する重要な要素である収穫時期を通常より 3 ~ 4 週間早めることを好み、カリフォルニアワイン業界全体を驚かせています。2014 年には、アメリカの有力紙サンフランシスコ・クロニクルの「Winemaker of the Year」に選ばれ、今後の活躍が期待される敏腕若手醸造家です。

スティーヴ・マサイアソンにとって、ワインを造るという事は、畑仕事の延長にしか過ぎません。マサイアソンで使われるブドウはナパ・ヴァレーとソノマ・ヴァレーの畑から収穫され、どれもスティーヴ本人が生育期を通して栽培を管理する畑です。スティーヴはブドウ品種が本来持つ個性や香りをワインにそのまま反映させるスペシャリストです。彼は、どこにでもあるようなシャルドネやカベルネ・ソーヴィニョンはもとより、リボッラ・ジャッラやレフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソのような、普段ナパ・ヴァレーでは、あまり見かけない品種も得意とします。どんな品種であっても、彼の仕事は、ただひたすらそのブドウが育つ土壌と品種の個性をワインに反映させることです。

マサイアソンのワインの特徴は、お食事に合わせる事を前提とした爽快感と、通常のカリフォルニアワインよりも低めのアルコール度数です。畑それぞれに適した栽培農法を用いることによって凝縮感のあるブドウを育て、醸造家としての自己顕示欲を極力抑え、ブドウの個性を尊重することによりアロマティックな香りに包まれたバランスの良いワインを造ることが可能になります。

カリフォルニアにおいて優れたバランスを持つシャルドネとピノ・ノワールを探求する組織として一世を風靡した「In Pursuit of Balance (IPOB)」の元メンバーであり、ヨーロッパを思わせるエレガントで鮮やかなワインを造ることに定評があります。